コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ブンバ・ボーン!に私たちママはどれほど救われたか…よし兄・りさ姉に届け感謝の想い!

ライフスタイル

2019.04.05

lifestyle201904

毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードをチェックしていきます。意外なトレンドが見えてくるかも!?

 

よしお兄さんとりさお姉さんが卒業!


3月29日放送の『おかあさんといっしょ』(NHK)をもって、“体操のお兄さん”小林よしひささんと、“パント! のお姉さん”上原りささんが卒業。放送内で2人は大人気体操「ブンバ・ボーン!」を披露したのですが、番組の“粋な演出”が話題に。Twitter上では「ブンバボン」がトレンド入りを果たしました。

 

「ブンバ・ボーン!」は、明るい楽曲と動物をモチーフにした振り付けが特徴的な体操。独特の歌詞もキャッチーで、多くの子どもたちがテレビの前で踊ってきました。また「お遊戯会で子どもが『ブンバ・ボーン!』を踊った!」との声もあり、幼稚園や保育園などの出し物でもすっかり定番曲に。「『ブンバ・ボーン!』で育った」という子どもも少なくありません。

 

しかしそんな『ブンバ・ボーン!』も、小林さんや上原さんと共に番組を卒業。29日の放送では“ラストブンバ・ボーン!”が披露されたのですが、最後にふさわしく“紙吹雪”による演出が。このサプライズに保護者世代の人からは、「まさか『ブンバ・ボーン!』で泣かされるとは…」「忙しい時間帯に子どもが熱中してくれる『ブンバ・ボーン!』は本当に神! 今までどれほど助けられてきたことか」「『ブンバ・ボーン!』今までありがとう!」と感動の声が相次ぎました。

 

また“元・歌のお兄さん”の横山だいすけさんもブログで反応。

 

よし兄がロケでブンバボーンやる時は必ず晴れる!という話をロケの報告で聞いたり、特番で4人でおもいっきりブンバボーンやったり、地球ブンバボーンで吹き出したり…
ブンバボーン立ち上げの時、みんなリハ室で練習したなぁ。

 

と貴重な裏話を綴っています。

 

そして“紙吹雪”の演出についても、「ブンバボーンで紙吹雪が…」「こういう演出って番組のスタッフさんが色んな想いを込めて、一生懸命上から落としてくれてるんです」「みんなにかからないようにとか、綺麗に舞うようにとか。紙吹雪一つにも愛情を感じました」とコメント。演者だけでなく、スタッフの思いもつまった“ラストブンバ・ボーン!”だったようです。

 

NHKの教育番組で“卒業ラッシュ”


最近NHKの教育番組では“卒業ラッシュ”が続いており、29日は『みいつけた!』(NHK)の“3代目スイちゃん”川島夕空さんが卒業。同番組でスイちゃんは、喋る椅子“コッシー”や大人のサボテン“サボさん”と様々なことに挑戦。絶妙な関係の3人は、子どもたちだけでなく保護者たちからも応援されてきました。

 

そんなスイちゃんが卒業するとあって、SNSなどでは「たくさん我が家の息子とテレビ越しに遊んでくれて本当にありがとう」「3代目スイちゃん大好きだったから悲しいけど、これからの活躍に期待!」「よしお兄さんやりさお姉さんだけじゃなくスイちゃんまで…。子どもが本当にお世話になりました」との声が。ちなみに同日には、「スイちゃん」もTwitterのトレンド入りを果たしています。

 

新キャスト陣に応援の声!


世間では“卒業ラッシュ”に悲しみの声が上がる一方で、新しいキャスト陣を応援する声も寄せられていました。まず『おかあさんといっしょ』(NHK)では、“体操のお兄さん”に福尾誠さんが就任。そして“パント! のお姉さん”は“体操のお姉さん”に変わり、秋元杏月さんが担当します。

 

そして『みいつけた!』の“4代目スイちゃん”に抜擢されたのは増田梨沙さん。今後の番組を盛り上げる新しい顔ぶれに、「まことお兄さんもあづきお姉さんも応援している」「4代目スイちゃん可愛い! 自分のペースで頑張ってほしい!」「出演者が変わっても引き続きお世話になります」と温かい声援が上がっていました。

 

世代交代を終えたNHKの教育番組ですが、今後も全国の子どもたちを楽しませてくれそうですね。

 

文/河井奈津

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る