2019.04.14

鉄道路線の愛称と正式名称は実は違う?JR神戸線は何て言うの?

普段、何気なく使っている路線名。しかし、もしかするとその路線名は正式名称ではないかもしれません。今回は路線の愛称と正式名称を取り上げます。きっと、あなたの「当たり前」が当たり前ではない、ということがわかりますよ。

 

路線の愛称と正式名称は違うの?

train201904-1

そもそも、路線の愛称と正式名称は異なるのでしょうか。答えは「異なる」が正解です。たとえば、筆者の近くを走るJR神戸線は路線の愛称であって正式名称ではありません。正確には以下のとおりになります。

 

路線の愛称  JR神戸線(大阪駅~姫路駅)
正式名称 東海道本線(大阪駅~神戸駅)
山陽本線(神戸駅~姫路駅)

 

ですから、JR神戸線の正式名称は「東海道・山陽本線」となります。しかし、「東海道・山陽本線」という名称では遠方の方はもちろん、地元の方でも近畿地方のどのあたりを走っているかピンと来ないですよね。そこで、JR西日本は民営化した翌年、1988年(昭和63年)に近畿地方の線区を中心に愛称を付けました。ここで、近畿地方におけるJRの路線の愛称名を見ていきましょう。

 

路線の愛称  JR京都線(大阪駅~京都駅) 東海道本線(正式名称)
琵琶湖線(京都駅~米原駅) 東海道本線(正式名称)
JR宝塚線(大阪駅~新三田駅) 福知山線(正式名称)
大和路線(JR難波駅~加茂駅) 関西本線(正式名称)
嵯峨野線(京都駅~園部駅) 山陰本線(正式名称  

 

他にもありますが、とりあえずこのあたりで。JR西日本の場合、並行する私鉄路線を意識した愛称名が特徴です。たとえば、大阪~京都の間には阪急京都本線と京阪本線が走っています。このように、乗客にわかりやすくするためという意味もありますが、私鉄に対抗するというライバル意識も見え隠れしています。

 

>>NEXT 山手線は一周していない!

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。