注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

楽しいはずの約束が憂鬱に… 予定が近づくと面倒になる人はあなただけじゃない!

ライフスタイル

2019.03.30

20190305sakiniyotei01ママ友とのランチやお出かけなど、楽しみな予定はたくさんありますよね。しかしいざ当日が近づいてくると、楽しみだったはずの予定が面倒くさくなる人もいるよう。意外と“あるある”なこの現象を掘り下げてみましょう。

 

ネット上で「面倒くさくなる人」が続出!


楽しいはずの約束が憂鬱に…

周りのママから「誰とでも仲良くなれる人」と評判の相談者、は「予定が近づいてくるとすごく憂鬱なんです…」と告白。「予定当日、実際に友人たちとおしゃべりするのは楽しい。でも約束の1週間前くらいから、『準備をしなきゃ』と悩み始めます。予定の日が近づくにつれて面倒くさくなってくる… 普通は逆ですよね」と苦悩しているよう。一体どうしたら楽しみな気持ちをキープできるのでしょうか?

 

理由はないのになぜか面倒くさい!

ネット上では「『服を買わなきゃ』って考えているうちに、面倒くさくなっちゃう」「私も一緒です。準備するのが面倒くさい!」と“準備”を理由に上げる人が見られました。

 

しかし実際には「『準備するのが面倒』というのはちょっと違う…」「どうしてか分からないけど、面倒くさくなる」など、これといった原因もなく“面倒くさくなる”ことも多いようす。「でも結局、当日は『行かなきゃ』って思う」など、気の向かないまま当日を迎える人も。予定が近づくと面倒くさくなってくるのは、意外と“あるある”なのかもしれません。

 

面倒くさくなる原因って?


その場のノリで予定を入れがち!?

SNSなどでは面倒くさくなる原因として、「友達と話している時に、ついノリノリで約束しちゃう…」「普段のテンションに戻ると面倒になるよね」など「“乗り気”と“普段”のギャップ」が上げられています。ほかにも「雑誌で良い髪形を見つけたので、美容室を予約。でも冷静になると、『別にすぐ髪切る必要はなかったかも』と後悔しました…」というエピソードが。思いつきで予定を入れると、冷静になったときに面倒くさくなるのかもしれません。

 

スケジュール管理に問題アリ

また、「気づいたら1週間後まで迫ってた!」「約束した日の前日に大きなイベントがあると面倒になる…」など“スケジュール管理に問題アリ”な人も。

「かなり先に予定を入れたつもりでも、けっこう近かったり。計画の立て方が雑なのかもしれません」
「スケジュール管理の詰めが甘かった… ピアノ発表会の前日に遊べないよ」
「私は綿密に予定を組んだつもりが、逆に予定に縛られちゃった!」

 

予定を入れても面倒にならない方法は?


どうやって予定を断るの?

ネット上では、「面倒くさくなった挙句、どうしても断りたくなったけど上手な断り方が分かりません」というお悩みの声も。「定番だけど『法事の予定が入った』っていう断り方はどう?」という“予定ねつ造派”の人がいる一方で、「『やっぱり遊べない』と理由を濁しつつ、ストレートに断るのが1番!」といった“直球派”もいました。

 

当然ですが、面倒になっただけで断られた人からは「約束したときは楽しそうだったのに…」「何度も断られると誘いづらくなりますよね」との声が。なんとか楽しみな気持ちを持続させたいですよね。

 

「楽しみ」という気持ちで「面倒くささ」はなくなる!?

いつまでも予定を楽しみにできる人は、どういった工夫をしているのでしょうか? ネット上には様々な方法が上がっていたので、代表的な声を紹介しましょう。

「可愛いスケジュール帳を使うと、予定を見るのが楽しみになるかも!」
「ノートに予定を書き出せば、頭の中が整理されて面倒くささがリセットされる」
「準備するときも、『いつまでに○○を準備する』といった小目標を立てた方がいいですよ」

 

ほかにも「スケジュールアプリにこだわる」「前回遊んだ時の写真を見返すと、楽しかった記憶がよみがえって予定が楽しみになります!」といった声が。予定に対するモチベーションを持続させることが大事なのかもしれません。

 

当日を楽しく迎えるため、ぜひ様々な工夫をしてみてください。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る