注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

雨女・雨男は参拝必須…!?日本で唯一の「気象神社」が話題!

ライフスタイル

2019.01.20

20190111jinjya01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、Twitterで話題の「気象神社」。

 

Twitterで話題の「気象神社」とは?


新年を迎えて初詣に訪れる人が多かったからか、1月7日に「気象神社」がTwitterトレンド入り。「気象神社」とは、東京都の「高円寺氷川神社」境内に鎮座する神社のこと。日本で唯一の天候を司る神社として、全国から参拝客が訪れています。

 

その歴史は古く、造営されたのは1944年。最初は大日本帝国陸軍の陸軍気象部の構内にあり、気象観測員が気象予報の的中を祈願したのだとか。その後は戦後の神道指令で撤去されるはずでしたが、調査漏れがあって残存。現在の「高円寺氷川神社」に遷座されるようになったそうです。

 

Twitter上には参拝した人たちから、「高円寺氷川神社と気象神社へ! 新年から晴天に恵まれていますが、今年1年が晴れやかな年となるようにお祈りしてきました」「去年は大雨の被害も多かったから、今年は気象神社でお祈りしてきたよ!」「日本唯一の気象神社に! これで今年は晴れ男だ」「『気象神社』で晴れ女祈願! これで私も今年から脱・雨女!」といった声が上がっていました。

 

お天気モチーフがたくさんの「気象神社」!


「気象神社」は、現在ブームの“御朱印”も大人気のようです。「気象神社」の御朱印に押される“お天気はんこ”は、参拝時のお天気によってチェンジ。御朱印集めに奮闘する人たちの間で、「天気によって変わる気象神社の御朱印、全部集めたい~!」「気象神社の御朱印がとってもカラフル。天候で変わるスタンプもカワイイ」「恵みの雨。気象神社で雨の日に御朱印いただきました!」と注目を集めています。

 

また、窓口で買える“授与品”も話題に。「てるてる守り」はその名の通り、てるてる坊主を模したお守り。晴天祈願と心願成就のお守りで、晴天を願うとともに心も晴れやかになるように祈願されています。また、境内に奉納する絵馬は下駄の形に。境内には大事なイベントや野外フェスの開催時に晴天を願う絵馬が多く飾られているそう。

 

こちらの授与品には、「気象神社に初めて行ったら、なんと絵馬が下駄の形でした! お守りはてるてる坊主でめっちゃ可愛かった」「気象神社のてるてる守り欲しすぎるな!」「気象神社知ってる? てるてる坊主のお守りは本当に可愛いよ」「テレビで紹介されてた気象神社、何から何までお天気に関係してて面白い。参拝したくなってきた!」などの声が上がっていました。

 

「電気や電波の神様」に「髪の神様」も!?


「気象神社」以外にも、日本には一風変わった神社が多く存在します。長野県にある「貧乏神神社」は、なんと貧乏神がいる神社。本来なら神聖に扱われるご神木を棒で殴ったり蹴ったりすることで、自分の心の中にいる貧乏神を追い出せるのだとか。

 

また、京都府の「電電宮」には電気や電波の神様が祀られています。パソコンやスマホなどのトラブルにご利益があり、授与品売り場にはお守りとして「マイクロSD御守」が。8ギガの「マイクロSD御守」の中には、菩薩様の画像が入っているそうです。

 

さらに東京都には、髪の毛の悩みに御利益がある「関神社」があります。理容師さんや美容師さん以外に、薄毛の人も参拝するという神社は「髪の毛の神様だと…!? 毎日行こうかな…」「いい髪の毛がいっぱい生えるようにお賽銭は小銭をジャラジャラと入れてきました」「みなさまの髪の毛が健康でありますようにって願ってきたぞ!」と話題になっていました。“髪”の“神”様のご利益に期待する人が多いようですね。

 

いつもお世話になっている神社への挨拶を済ませたら、ちょっと変わった神社へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る