2018.12.22

日本と世界の地下鉄は一体どこが違うのか!?

日本の大都市における公共交通機関の代表格は地下鉄ですね。同じく海外の大都市においても地下鉄は公共交通機関の要であることは間違いありません。今回はロシアのモスクワを例にあげ、簡単な日本の地下鉄との比較をしたいと思います。一体、どこか同じでどこか違うのでしょうか。

 

最初は緊張するかも? セキュリティーチェック 

train201812-1

日本の地下鉄とロシアの地下鉄で決定的に異なる点は入口にあるのかもしれません。

ロシアでは地下鉄駅のみならず鉄道駅であってもセキュリティーチェックがあります。入口には空港で見られるような荷物を検査するための機械が設置されています。

鉄道駅では全員がセキュリティーチェックを受けないといけませんが、乗客が多い地下鉄駅ではそうはいきません。そのため、地下鉄駅ではリュックサックやスーツケースを持っている利用客に声がかけられ、荷物検査のコーナーに連れて行かれます。「連れて行かれる」といってもご安心を。検査自体はそれほど厳しいものではなく、問題がなければOK。仮にスタッフに呼び止められても、ビビらなくて大丈夫です。そのためか、モスクワの地下鉄ではあまり多くの荷物を持った乗客は見かけません。

 

超高速なエスカレーターと深いホーム 

train201812-2

改札機にカードをかざす、もしくはジェトン(コイン)を入れると、その先に現れるのが超高速なエスカレーター。初めての方は少し足がすくむくらいのスピードかもしれません。

エスカレーターの先に見えるのはもちろん地下鉄のホーム。ですが、あまり先を見つめると感覚がおかしくなるのでご注意を。適度に周りを見つつ、プラットホームに着くのを待ちましょう。駅によって異なりますが、ホームから地下鉄の入口までは5分ほどかかります。

 

>>NEXT プラットホームはまるで宮殿のよう

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。