注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

西野カナさんは平成のユーミンか!? 史上初の快挙達成にみんなの大好きが止まらないっ

ライフスタイル

2019.01.05

20181212nisinokana012018年11月21日に発売された西野カナさんの「Love Collection 2 ~pink~」と「Love Collection 2 ~mint~」が、「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位・2位を獲得して話題になっています。

 

西野さんの偉業が大きな話題に!


西野さんが発表した2枚のアルバムは、2013年から2018年に発表された楽曲を集めたベストアルバム。「トリセツ」「Darling」などの大ヒット曲や、「Have a nice day」「No.1」「君が好き」といったCM・映画・ドラマに使用された楽曲も収録されています。

 

大きなリボンに包まれた西野さんのジャケットがカワイイ2枚のベストアルバムは、発売初週にオリコン「12月3日付週間アルバムランキング」で1位・2位を独占しました。実は西野さんは、2013年発売のベストアルバム「Love Collection ~pink~」と「Love Collection ~mint~」でもランキングの1位・2位を独占。今回の「同一アーティストによる2度のアルバムランキング1位・2位独占」はソロアーティストとして初なのだとか。

 

この快挙にファンからは、「史上初の快挙スゴすぎ! カナやんのファンで良かった!」「もうカナやん流石すぎです! 大好きが止まりません」「平成のユーミン! ラブソング書かせたら、今カナやんに敵う人はいないでしょう」といった声が上がっています。

 

西野さんは“マーケティングリサーチ”で作詞!?


西野さんといえば、リスナーが共感できる歌詞が魅力のひとつ。11月25日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演した西野さんは、自身の作詞方法を大公開していました。

 

西野さんの作詞法というのは“マーケティングリサーチ”を使ったもの。まず“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えた後、一旦作詞を開始。そのあとにアンケートや友達へ取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込んでいくそうです。

 

大掛かりな作詞方法を明かした西野さんに、SNSなどからは「そこまで考えてたのか! 感心しました」「素晴らしくロジカルな手法。無駄を省いて効率化を図ってる」「実際これで大成功してるんだからすごい。思ってる以上にクレバーでやり手なんだね」といった声が上がっています。

 

有名人が語る西野さんの魅力!


西野さんのファンは有名人にも多いです。“お笑い怪獣”の異名を持つ明石家さんまさんは、2015年放送の『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)で西野さんの楽曲にハマっていることを明らかにしました。

 

さんまさんは当時「Darling」にハマっており、「ねえダーリン」という歌詞に「はーい」と返事をしていたそう。またさんまさんは、“スカートにするかワンピースにするか”と悩む歌詞に「(男性は)どっちかを選んではいけない。正解は“両方とも似合うんじゃない?”と答える」とコメントすると、観客席の女性からは納得の声が。さんまさんは「番組じゃなくて私生活で会いたい」とコメントするほど西野さんにドハマりしていたようです。

 

さらに、サザンオールスターズの桑田佳祐さんも西野さんが好きだと公言しています。以前自身のラジオで「桑田佳祐が選ぶ邦楽ベスト20」を発表した際、桑田さんは2年連続で西野さんの楽曲をランキングに選出。そして「この子は歌うまいでしょ。なんと言われようと好き」と歌唱力を絶賛していました。

 

そのほか、Mr.Childrenの桜井和寿さんも西野さんのファン。以前発売された雑誌のインタビューで、「声が良い。声量がありすぎなくてバランスが良い」「ラジオで流れてて“いいな”と思うと“やっぱりこの子か”と耳に止まる」と称賛の言葉を送っています。

 

歌詞や歌唱力だけでなく、作詞法なども話題になってきた西野さん。様々な方面から支持を集めているようですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る