コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「高輪ゲートウェイ」効果であの駅までトレンド入り! 「四天王感ある」「生き別れの妹」とTwitterは大盛り上がり

ライフスタイル

2018.12.11

20181211airu01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、Twitterで話題の「天王洲アイル」。

 

「天王洲アイル」がトレンド入りしたワケとは?


「天王洲アイル」が12月5日にTwitterトレンド入りを果たした理由は、前日に田町~品川駅間の新駅が「高輪ゲートウェイ」に決定したから。“漢字+カタカナ”の駅名に決定したことで「天王洲アイル」を引き合いに出す人が続出したため、トレンド入りしたと予想できます。

 

Twitter上には、「高輪ゲートウェイ駅、カッコイイとは思うがやはり天王洲アイル駅には勝てんな」「家の最寄り駅が天王洲アイルと高輪ゲートウェイになった。俺はルー大柴か!」「高輪ゲートウェイって山手線っぽくないな。天王洲アイルとか品川シーサイドの仲間っぽい」「天王洲アイルから高輪ゲートウェイへと通勤するキラキラ日常生活がはじまりそう」「高輪ゲートウェイみたいに漢字+カタカナがハチャメチャに好きなんだけど一番好きなのは天王洲アイル」といった声が。

 

さらにTwitter上では、「高輪ゲートウェイ」のキャラ設定を考える人が続出中。「天王洲アイル」や周辺の駅に絡ませ、「東京テレポート、天王洲アイル、品川シーサイド、高輪ゲートウェイで四天王感ある」「高輪ゲートウェイと東京テレポートは兄弟で、生き別れの妹が天王洲アイル」「空を司る『東京テレポート』、地を司る『天王洲アイル』、海を司る『品川シーサイド』。その3つの力が1つに合わさる時、封じられていた幻の『高輪ゲートウェイ』が開く…」といった声が上がっています。

 

全国には珍しい駅名が盛りだくさん!


新駅の名前が「高輪ゲートウェイ駅」に決定したことで、Twitterでは「#高輪ゲートウェイに合わせて山手線の駅名を考える」というハッシュタグも大盛り上がり。「高田馬場ジャイアント」「新宿ダンジョン」「日暮里ポリリズム」「代々木ゼミナール」「池袋ウエストゲートパーク」「目白マックイーン」「東京フレンドパーク」「サマンサ田端」など聞き馴染みのあるものを含め、新たな山手線の駅名を考える人が続出しています。

 

さらに身近な珍しい駅名を挙げる人も。Twitterユーザーからは、「こちとら物心ついた時からずーっと『さくらんぼ東根駅』じゃい!」「私の地元には『テクノさかき駅』がある。テクノってなんぞ?」「群馬県に『心臓血管センター駅』があった」「兵庫には『ウッディタウン中央駅』があるぞ」「高輪ゲートウェイより、福井の『太郎丸エンゼルランド駅』の方が強そう」「高輪ゲートウェイ駅で盛り上がってるけど、個人的に最強だと思ってる駅名は英語+漢字の『YRP野比駅』」などと盛り上がりをみせていました。

 

全国には珍しい愛称の空港が!


珍しい名前が注目を集めるのは、電車の駅名だけではありません。最近では“愛称”のついた空港が増えています。例えば「鳥取空港」の愛称は「鳥取砂丘コナン空港」。この愛称は鳥取出身の漫画家・青山剛昌さんの代表作『名探偵コナン』にちなんで名付けられたものです。

 

さらに島根県にある「出雲空港」の愛称は「出雲縁結び空港」。その由来はもちろん、全国的に有名な観光地「出雲大社」にあやかったもの。空港内には大きな“しめ縄”など、様々な縁結びスポットがあり好評のようす。

 

ほかにも山形県には、「おいしい山形空港」「おいしい庄内空港」という愛称の空港が。“おいしい”の由来は「味が良い」という意味だけではなく、「好ましい」「見事」という意味が込められているそうです。

 

駅や空港は、その土地の玄関口になるスポット。これからますますインパクトのある名前の駅名や空港名が登場するかもしれないですね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る