注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

PUFFY・大貫亜美さんが大きな魚を釣り上げて沖縄の新聞に載る!?

ライフスタイル

2018.12.07

20181205fishing0111月17日、PUFFYの大貫亜美さんが自身のインスタグラムを更新。大きな魚を釣り、沖縄の新聞に載ったことを報告して「こんな大物がヒットしたら腰ぬかすわ」「漫画好きは知ってたけど、釣りも好きなのか!?」と話題になっています。

 

特大の魚を釣り上げて新聞に載った大貫さん


大貫さんは、11月4日にMONGOL800が主催する沖縄の野外フェス「What a Wonderful World!! 18」へ出演。ライブ後、MONGOL800のドラム・高里悟さんと釣りに出かけたそうです。

 

大貫さんのインスタグラムには、その時に釣り上げた「アカジンミーバイ」を抱える姿が載った『琉球新報』の写真が。撮り方の関係もあるかと思いますが、アカジンミーバイはカメラに向かって魚を差し出す大貫さんの上半身と同じくらいの大きさ。大貫さんは、大物を釣り上げて新聞に掲載されたことを「歌手・大貫、沖縄の良い思い出になりました!」と綴っています。

 

この投稿がネット上で拡散されると、SNSなどからは「アカジンが想像以上に大きくて笑った」「こんな大きな魚釣ったら自慢したくなるよね」「楽しそうな趣味で羨ましいなぁ」「多趣味で有名だけど釣りも好きだったとは!」といった声が。

 

大貫さんの投稿には、「#亜美は釣りが好きなんですよ」「#船舶免許も持ってますよ」といったハッシュタグが。船舶免許を取得するほど釣りが好きなことを明かし、「#釣りのお仕事待ってますよ」とアピールしていました。

 

漫画が好きすぎて靭帯を断裂!?


多趣味なことで知られている大貫さん。特に漫画好きは有名で、単行本の帯にコメントを寄せることも度々あります。中でも“こち亀”こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社)が好きなことを公言しており、作中では中川圭一とのデートシーンが描かれたこともありました。

 

さらに、漫画を朝まで読み明かしてケガをした過去もあります。大貫さんは正座して漫画を読んでいたら、夢中になりすぎていつの間にか朝に。寝ようと思って立ち上がったところ足がしびれて感覚が無く、足の甲で立ち上がってしまい靭帯を断裂してしまったのだとか。

 

深キョンのサーフィン姿がカッコイイ!


大貫さんだけでなく、ちょっと意外な趣味を持っている女性芸能人は意外と多いようす。女優の深田恭子さんは“サーフィン好き”として有名。今年8月に深田さんは、自身のインスタグラムへサーフィンをしている動画を投稿していました。

 

ビキニ姿の深田さんは、ボードに乗って大きな波をサーフ。上手にボードを乗りこなす姿が、「深キョンのサーフィン動画、思ってた以上にカッコいい」「スポーツやるイメージがゼロだったけどスゴイ上手! 惚れ直した」「サーフィンやるとかまたギャップ萌えするわぁ」と話題になりました。深田さんは海が好きなようで、インスタグラムに「海に入ると、水を得た恭子になります(笑)」と綴っています。

 

また元SKE48の松井玲奈さんは、鉄道好き女子“鉄子”として有名。テレビ番組やブログで鉄道愛を熱弁しています。2017年には名古屋鉄道が舞台になったドラマ『名古屋行き最終列車』(名古屋テレビ)の主演を務めて話題になりました。

 

フリーアナウンサーの田中みな実さんは、“盆栽”にハマったことを明らかに。田中さんと盆栽の出会いは雑誌の撮影だったそうで、自宅にある盆栽を“ぼん”と名づけて可愛がっているようです。

 

ほかにも、タレントの千秋さんは“廃墟好き”として知られています。2016年には自身のツイッターで、“大好きな廃墟ベスト3”を発表。千秋さんおススメの廃墟は、第3位が「摩耶観光ホテル」、第2位が「松尾鉱山」、第1位が「軍艦島」でした。

 

趣味を楽しんでいる人は、キラキラして見えるもの。忙しそうな芸能人のみなさんですが、趣味でキチンと息抜きをしているのかもしれませんね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る