注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ゴールデンボンバーの尖りっぷりは健在!無人島で無観客ライブの開催を発表

ライフスタイル

2018.12.05

20181204live01ビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが“無人島・無観客ライブ”の開催を発表。このニュースにネット上からは、「意味わからなさ過ぎてほんと大好き」「金爆尖ってるな~」といった声が上がっています。

 

ゴールデンボンバーの無人島・無観客ライブが話題に!


ゴールデンボンバーが無人島・無観客ライブの開催を発表したのは、11月17日にニコニコ生放送で配信された『月刊ゴールデンボンバー』でのこと。2019年の全国ツアー開催を発表した際に、沖縄の無人島「屋那覇島」でチケット販売ナシのライブを行うと告知。ちなみにこのライブは生配信されるそうです。

 

無人島でのライブ開催が発表された同日、ゴールデンボンバーの“Be-su”である歌広場淳さんはブログを更新。無人島ライブについて「これはもう予測不可能です(笑)! 震えて待つしかない!!!」と心境を綴っていました。

 

今年9月には、X JAPANが台風の影響で無観客ライブを実施。その様子を生配信して話題になったばかりでした。X JAPANに乗っかる形(?)でライブを行うゴールデンボンバーに、ネット上からは「“ゴールデンボンバーが無人島で無観客ライブ”って字面だけで笑える」「無人島から生配信なんて面白いこと考えるなぁ」「無人島・無観客ライブが私の誕生日で笑った。めっちゃ元気でたわ」「やっぱり金爆は攻めてるよね」「次は月か火星でライブやって欲しい!」といった声が上がっています。

 

音楽への向き合い方を提示し続けるゴールデンボンバー


無人島・無観客ライブという“攻めた”企画を実施するゴールデンボンバー。実は以前にも攻めた姿勢が話題になっていました。

 

今年1月にオリジナルアルバム「キラーチューンしかねえよ」を発表したゴールデンボンバーは、同アルバムの収録曲「誕生日でも結婚式でも使える歌」を“使用料フリー”として無料配布。使用料フリーになったことで使用料は一切徴収されず、レコード会社や著作権管理団体への連絡も一切不要に。楽曲の権利を放棄しているので、例えば他のアーティストが同曲を歌ってCDを販売することも可能になります。

 

さらに2017年4月に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)へ出演した際は、“テレビで新曲を無料配布”して話題になりました。番組で新曲「#CDが売れないこんな世の中じゃ」を披露している途中“Vo-karu”の鬼龍院翔さんが「どうせCDが売れないこんな世の中だから無料であげるよ! 読み込みやがれ!」と叫ぶと、ステージのあらゆるところにQRコードが出現。スマホでコードを読み込むと、新曲がフルで聞ける試みを実施して大きな注目を集めました。

 

ゴールデンボンバーが活動を続ける理由とは?


音楽に向き合う姿勢が話題のゴールデンボンバーに注目しているアーティストも多いようす。2016年にはX JAPANのYOSHIKIさんが、ニコニコ生放送で配信されたゴールデンボンバーとの対談で「日本も海外もいろんなライブ観ますけど、(ゴールデンボンバーのライブは)とにかく面白いんですよね」「観客との一体感もあるし、かなりアリだなと。学ぶところがいっぱいあります」と発言していました。

 

以前放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で「音楽をやりたいんですか? テレビに出て有名になりたいんですか?」と聞かれた際、鬼龍院さんは「テレビに出て、知ってもらうことでライブに来て欲しいんです」と真面目に回答。木村拓哉さんは「ライブ凄いよね! お客さんの盛り上がりが尋常じゃないよ!」と評価しています。

 

今年の大晦日には、初のカウントダウンライブイベント「ゴールデンボンバー初! カウントダウンワンマンライブ~紅白に出られないとわかった~」を開催するゴールデンボンバー。今後もどのような活動で笑わせてくれるのか注目ですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る