2018.11.28

問題!日本一運賃が安い鉄道路線はどこでしょう?

突然ですが、日本一運賃が安い鉄道路線(ケーブルカーを除く)はどこでしょうか。2018年11月現在での答えは若桜鉄道(鳥取県)、岡山電気軌道(岡山県)、北大阪急行(大阪府)になります。今回はその中のひとつ、北大阪急行を取り上げます。どうしても、北大阪急行電鉄は運賃だけが注目されますが、それ以外の魅力もお伝えします! 

 

そもそも、北大阪急行電鉄とは 

train201811

北大阪急行電鉄は大阪府豊中市の千里中央駅と吹田市の江坂駅を結ぶ全長5.9kmの路線です。江坂駅から大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)御堂筋線に乗り入れています。

さっそく、北大阪急行電鉄の運賃をチェックしてみましょう。2018年11月現在の運賃は以下のとおりです。

 

千里中央~桃山台:100円

千里中央~緑地公園:120円

千里中央~江坂:140円

 

何と初乗りはワンコインの100円!100円だといつでも気軽に電車を利用できますね。なお、2017年3月31日までは初乗り90円でした。千里中央駅から5.9km先の江坂駅までも140円となっています。東京で当てはめると山手線の東京~日暮里間の営業距離が5.8kmで運賃は154円(ICカード利用)。値上げされたとはいえ、北大阪急行電鉄の運賃の安さがよくわかりますね。

なお、大阪市内の駅は大阪メトロに属するので、運賃があがります。千里中央駅~梅田駅間は370円、千里中央駅~なんば間は420円です。

 

>>NEXT 観光地へのアクセスに便利な北大阪急行電鉄

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。