注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ペットと赤ちゃん 一緒に暮らしても大丈夫?

ライフスタイル

2019.01.25

33-1

家族の一員として一緒に暮らして来たペットと赤ちゃんは、仲良く一緒に成長して行って欲しいものです。けれども、ペットと大人との接し方とペットと赤ちゃんとの接し方は、同じで良いのかどうか不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、ペットと赤ちゃんと一緒に暮らすときのメリットや注意点について、確認しておくことにしましょう。

◆ペットと赤ちゃん 一緒に暮らすメリット

まずは、ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすメリットにはどんなものがあるのか探ってみましょう。

メリットとして次のようなメリットがあります。

1.ヒーリング効果

ペットの愛らしさと赤ちゃんの愛らしさ、二つの愛らしさを手に入れることが出来ます。YouTubeなどにペットと赤ちゃんの微笑ましい動画がアップされていて人気を呼んでいますが、それを間近で見ることが出来るのは、最高のヒーリングと言えるのではないでしょうか?

2.ペットが赤ちゃんのボディーガード

犬や猫は、動物人間を問わず赤ちゃんを守る習性が強いと言われています。ペットが赤ちゃんに危険が及びそうになると、ペットがボディーガードとして活躍してくれることもあります。そのため、赤ちゃんはペットと一緒にいることで安心感を覚えることが出来るようになるケースもあります。

3.免疫力アップ

ペットと一緒に暮らすことで赤ちゃんの免疫力がアップして、風邪をひきにくくなったり、アレルギーの発症率が低くなったりするという研究成果も発表されています。
ただこの点に関しては心配される方もいますので、最終的な判断はママとパパで決められることをおススメします。

4.最良の遊び相手で友だち

ペットも赤ちゃんも同じ時間を過ごして共に成長してきますので、お互いに最良の遊び相手で友だちとなることが出来るでしょう。

赤ちゃんにとっては、ママとパパと同じ様に物心がつく前から一緒にいる大切な存在とも言えそうです。

◆ペットと赤ちゃん 一緒に暮らすときの注意点

33-2

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすことのメリットについて探ってみましたが、次に、ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすときの注意点について見ておくことにしましょう。次のような点に注意する必要があります。

1.アレルギー対策

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすときに、最も気になる点として「アレルギー」を上げる方は多いことでしょう。

アレルギーの原因と考えられるペットの毛やふけなどを、定期的に取り除くようにすることが大切になってきます。こまめなトリミングやシャンプー、ブラッシングを行なうことで、ペットの毛やふけなどを取り除くことが出来ます。

また、アレルゲンとなる毛やフケなどが付着しやすいカーペットなどが敷かれている部屋にペットを入れないようにするなどの工夫も必要になってきます。

2.感染症予防

ペットには、ヒトとは異なるウィルスや細菌があります。こうしたウィルスや細菌にペットが感染しないようにペットの予防接種をキチンと受けることが大切になります。

また、ペットの世話を行なって排泄物に触れたりした後は入念な手洗いを行なうようにすることや赤ちゃんが間違って触れたりすることがないようにしておくことも大切です。

3.赤ちゃんはベッドで寝かせる

アレルギーや感染症の予防対策として、赤ちゃんは必ずベッドで寝かせるようにすることも重要なポイントになります。床に近い部分は、毛やフケが舞っている可能性がありますし、ペットが赤ちゃんと一緒に寝たりしないようにする必要があります。

◆ペットと赤ちゃん 一緒に暮らすことを成功させるコツ

それでは、ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすことを成功させるためにはどんなコツがあるのでしょうか?次のような点をあげることが出来ます。

1.こまめな掃除と換気

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすことを成功させるコツとして、部屋の掃除や換気をこまめに行なってアレルゲンが床や空気中に漂うことを極力減らすようにすることが大切になって来ます。また、空気清浄機などの活用を検討してみてもよいでしょう。

2.ペットのしつけ

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすためには、ペットの基本的なしつけが出来ていることも重要ポイントになります。

ペットに顔をなめさせたりすることのないようにしつけておくことは、感染症予防の点からも重要なポイントになって来ます。

3.ペットにもこれまでと同じように関心を寄せる

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすことを成功させるためには、ペットにもこれまでと同じように関心を寄せることが大切です。
ついつい赤ちゃんの方にばかり関心が行ってしまうと、ジェラシーを感じてしまうペットもいます。その結果、無駄吠えなどをしたりするようになることもあります。

◆まとめ

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすメリットや注意点、そして成功させるコツなどについて見て来ましたが、ペットと一緒に暮らすメリットは大きいことがお分かり頂けたのではないでしょうか?

ペットの室内飼いを行なっているケースと屋外飼いを行なっているケースでは、注意点や成功させるコツは若干異なって来ますが、今回は室内飼いを行なっていることを前提として、注意点やコツについてお伝えして来ました。

ペットと一緒に成長することで、お子さんの情操面でも豊かになるというメリットが上げられていますので、注意点やコツと合わせて慎重に検討されてみることをおススメします。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る