コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

秋葉原が女性の“おひとりさま”でも楽しめる街に進化している!?

ライフスタイル

2018.11.12

20181109_cafetime_01独特の進化を遂げ、多くの人を魅了する街・秋葉原。今ではオタクだけでなく女性も楽しめる施設が溢れ、改めて大きな注目を集める存在になりました。そこで今回は、秋葉原を存分に味わえる数々のスポットをご紹介していきましょう。

 

秋葉原を象徴する店舗ばかり? 観光客は見逃せない「秋葉原ラジオ会館」


今年の10月に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、タレントの久本雅美さんが“オタクの聖地”秋葉原で「女ひとり旅」を敢行。異色の出会い溢れる“おひとりさま”を心ゆくまで体験していました。

 

最初に久本さんが訪れたのは、秋葉原のランドマーク的存在である「秋葉原ラジオ会館」。秋葉原初の高層ビルとして長く愛されてきたラジオ会館ですが、現在は撮影ブースを備えたドールショップなど合計28種類のお店が入っています。

 

中には秋葉原らしい独特な商品ばかりを扱うギフトショップや、オタクにはたまらないマニアックなフィギュアの専門店も。ここでしか手に入らないようなアイテムも多いので、観光の際は一度足を運んでみるとよさそう。

 

“おひとりさま”でも楽しめる? 秋葉原ならではの注目スポット


再び久本さんが秋葉原の散策を開始すると、路地裏に外国人ばかりの行列を発見。早速何のお店か確認してみたところ、そこには数多くのフクロウと触れ合えるカフェがありました。合計36羽が迎えてくれる「アキバフクロウ」は、世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」で“外国人に人気の日本の体験・ツアー”第2位に選ばれるほどの人気ぶり。店内にいた外国人観光客も、「すごく独創的だね。こういうお店はスイスやフランスにはない」「間違いなくクールな体験よ!」と絶賛しています。

 

また久本さんは約10種類のVRソフトが無料体験できる「ツクモVR.」で、電気街らしい先進的なサービスを堪能。充分に楽しんだ後は、旧万世橋駅の鉄道遺構をリノベーションした商業施設「マーチエキュート神田万世橋」に向かいます。同施設は自家製のクラフトビールが楽しめるお店や、最新オーディオ機器を体験できるお店など個性的な店舗が盛りだくさん。約100年前の姿を残す「1912階段」をはじめ、新旧織りなす雰囲気は一見の価値がありそうですよ。

 

番組を見ていた視聴者からは、「本当に秋葉原は幅広く楽しめるからスゴいよね」「おしゃれなお店も多いし、1日中楽しめそう!」「“おひとりさま”なら、街中を散策するだけでも全然満足できるね。休日にふらっと行ってみようかしら」「秋葉原は東京の中でも独特な街だなぁ。どんなタイプの人が行っても楽しめる気がする」と反響の声が相次いでいました。

 

初心者も安心? 秋葉原を存分に楽しむ方法!


最近では“サブカルチャーの聖地”とも呼ばれるようになった秋葉原。幅広い世代をターゲットにした「新名所」も続々登場しています。もしも初めて秋葉原を訪れる際は、「秋葉原案内所」を利用してみるのもおすすめ。メイドのコスプレをしている知識豊富な観光案内係員が、注目スポットを丁寧に教えてくれます。また秋葉原が全く分からない人に向けて、メイドさんが案内してくれる「秋葉原ツアー」も開催中。

 

他にも海外のようにカジノを体験できる「秋葉原カジノクエスト」や、初心者でもコスプレが楽しめるスタジオ「クラウン」など秋葉原らしいお店も少なくありません。ちなみに秋葉原はグルメの街としても有名。特にラーメン屋やカレーの専門店が多いので、食べ歩き目的で訪れても楽しめますよ。

 

幅広いジャンルに対応した秋葉原。興味のある人は休日を利用して観光してみてはいかが?

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る