注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

気軽に育てられるネギの水耕栽培、ネギ栽培は根元から「○○センチカット」がみそ

ライフスタイル

2018.09.21

■部屋の中でも育てられる水耕栽培

 

ネギ

ねぎは料理の薬味や彩りとして利用することが多いですが、それほど大量に必要としないことも多いものです。少しだけ利用したいと思うとき、手元に好きなだけカットできるねぎがあれば便利ですよね。

そんなときは水耕栽培でねぎを育てていれば、好きなときに好きな量のねぎをカットして使うことができます。水耕栽培は部屋の中で簡単に野菜を育てられるだけでなく、観葉植物代わりとしても活用できるので人気を集めています。

ねぎだけでなく、ミントやバジル、パクチーなどといったハーブ類も簡単に育てられるため、いろいろな料理に利用することができます。また、水耕栽培は広い栽培スペースを確保する必要がないので、日の当たるベランダや庭がなくても手軽に育てることが可能です。

■すぐに始められるねぎの水耕栽培

水耕栽培に初めてチャレンジするのなら、種から発芽させるのではなく再生栽培が簡単なのでおススメです。中でもねぎは再生力がとても高く、誰でも手軽に育てることができます。

スーパーなどで購入したねぎの根っこは通常捨ててしまうものですが、そのねぎの根っこさえあれば、誰でも水耕栽培ができます。

ねぎは水につけておくだけでも再生するため、初心者でもまず失敗することはありません。スペースをとることもなく、小さな容器の中に水に浸しておくと、すくすく成長します。
ねぎの水耕栽培をするために必要な材料は、ねぎの根がつかるほどの深さのプラスチック容器と水、これだけです。ペットボトルをカットしたものでも十分利用できます。

ねぎは根元ぎりぎりでカットするのではなく、根元から4、5センチ残してカットすると、再生するのも早いでしょう。カットしたねぎは輪ゴムなどで束ねておき、根がつかる程度の水を容器に入れます。日光にあてることで早く成長しますので、できるだけ日当たりの良い場所に置きましょう。

何日も濁った水のままで置いておくとねぎが腐ってしまうので、毎日水は取りかえるようにしましょう。

■初心者向けの水耕栽培

本格的にねぎの水耕栽培をしたいと思うなら、水だけでなく液体肥料を混ぜてみると良いでしょう。水だけで育てるよりも格段に早く成長し、栄養たっぷりに育ちます。ねぎの水耕栽培は根の栄養素だけで再生するので、何度も再生するのは難しいといえます。ねぎの水耕栽培は、2、3回収穫するつもりで栽培をしてみるのが良いですね。

何度も収穫を続けたいと思うなら、肥料をしっかり含んだ土に植え替えたほうが良いでしょう。しかし、土壌が悪いと成長が遅れてしまうので、土作りをしっかりしなくてはなりません。初心者の場合、水耕栽培のほうが上手に育てることができます。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る