注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

初心者でも簡単に?カイワレ大根を水耕栽培で育てるには?

ライフスタイル

2018.09.21

■初心者にオススメのカイワレ大根

カイワレ大根

できれば自宅で簡単に、野菜を育ててみたいと思っている人は多いかもしれませんね。でも野菜を育てるなんて、何だか難しそうと感じるものです。実は初心者でも簡単に育てることができる野菜があるのです。水耕栽培で育てられる野菜なら、初心者でも失敗することなく育てられることができます。

中でもおススメなのがカイワレ大根です。サラダや付け合せとして役立つカイワレ大根ですが、そんなに大量に使わないので購入しても余らせてしまうこともありますよね。水耕栽培なら好きなときに好きな量だけ利用することができるので、とても便利です。

ご存じの人も多いかもしれませんが、カイワレ大根は大根が発芽した芽や茎のことです。発芽した芽や茎をスプラウトといいますが、カイワレ大根の他にブロッコリーやもやし、アルファルファなどといったものがあります。

カイワレ大根は基本的に水耕栽培で育てられるので、初心者でも育てやすい野菜だといえるでしょう。

■カイワレ大根の水耕栽培方法

カイワレ大根は、わざわざ育てるための鉢などを用意する必要はありません。スーパーのお肉や野菜などを入れていたプラスチック容器で十分育ちます。

カイワレ大根の水耕栽培をするのに用意しておくのはカイワレ大根を育てる容器と、スポンジ、またはキッチンペーパーや脱脂綿、後はカイワレ大根の種だけです。たったこれだけでカイワレ大根を育てることができます。

まず、カイワレ大根の種を水の中に5、6時間つけておきます。スポンジや脱脂綿を容器に入れ、水をたっぷり含ませます。

均等にカイワレ大根の種をまき、アルミホイル、または段ボールなどを上にかぶせ、日が当たらないようにします。そのまま3日ほど放置すると発芽します。乾燥する時期はスポンジや脱脂綿がかわかないように、水を継ぎ足してください。

発芽して5、6センチほどになったら、日光の当たる場所に容器を移動します。スポンジや脱脂綿は乾燥しないよう、霧吹きなどを利用して常に湿らせてください。

■カイワレ大根を育てる注意点

カイワレ大根は種をまいてから1週間から10日ほどで収穫できます。10センチほどに育ったら、根元からキッチンバサミなどを使って切り取ってください。

カイワレ大根は一度切り取ってしまうと再生することはほとんどありませんので、収穫すると終わりと考えておいたほうが良いでしょう。まれに再生することもあるようですが、可能性は低いのでカットした後はあきらめたほうが良いでしょう。

カイワレ大根は水耕栽培の初心者でも簡単に育てることができますが、培地を乾燥させないことと、発芽してから日光にあてることを忘れないようにすることが必要です。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る