注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

キッチンで手軽に♪パセリを土を使わないで育ててみよう

ライフスタイル

2018.09.21

■水耕栽培ならキッチンで手軽に育てられる

 

パセリ

パセリは、よく料理の付け合わせとしてよく添えられていますし、刻んで振りかけられていたりもしますよね。
実はパセリは栄養が豊富で、しかも、口臭の洗浄効果もありますので、自宅でも是非、取り入れたい食材ですよね。自宅で栽培すれば、手軽に料理に使うこともできるのではないでしょうか。

パセリも水耕栽培で手軽に育てることができるのです。苗から育てることもできますし、種から育てることもできます。但し、種から発芽するまでには2カ月以上もかかるので、初めての方は苗からのほうがよさそうです。

室内での水耕栽培の場合、毎日目にするので、水の替え忘れなども少なくなりますし、なにより観賞用にもなります。

また、土を使わないため、虫が付きにくいというのも嬉しいのではないでしょうか。

 

■パセリの水耕栽培に必要なもの

パセリも他の水耕栽培と同じような育て方で育てることができます。スポンジを薄く製法に切って、十字の切込みを入れます。十分に水を染み込ませたら、そこに種を蒔きます。これで種から栽培することができるのです。発芽するまでは、肥料は必要ないので手軽に育てられますよね。

苗を購入した場合や、種から育てたものが発芽したら、ペットボトルを使用した容器を利用するのが便利でお金もかかりません。ペットボトルを半分に切って上半分を逆さまにして下半分に重ねます。これで、育てるための容器は完成です。

ペットボトルの下の部分に液体肥料を作っていれます。上の部分にスポンジで固定した苗を入れて根だけが下の液体肥料につかるようにします。これで苗を育てることができます。
注意したいのが、しっかりと光を当ててあげることと、水をきちんと毎日変えてあげることなのです。これはパセリ以外の水耕栽培でも同じですし、植物ですから光合成をさせてあげることが大切なのです。

また、水は流れがないとどうしてもすぐ悪くなってしまうので、毎日変えてあげなければ、根腐れを起こしたり、カビが発生する原因となってしまうのです。

■リボベジで効率的に育てる

パセリもリボべジができるので、しっかりと活用してみましょう。リボベジというのは、リボーンベジタブルの略で、野菜などもそうですが、ヘタなどを水につけておくとそこから再生が始まります。

パセリも葉の部分だけ料理につかうと、茎や根の部分が残りますよね。これを苗と同じように育てることで、また、二回目の栽培が可能になるのです。

豆苗などをスポンジに植えているものを購入すると、食べた後にまた葉や芽が伸びてくるので何度か収穫できますよね。あれと同じなのです。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る