2018.06.21

映画『ワンダー 君は太陽』がママの心に刺さる理由

ワンダー君は太陽のポスター

©Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2018年6月15日より全国公開中の映画『ワンダー 君は太陽』は、全世界で800万部突破のベストセラー小説『ワンダー』を、実写版『美女と野獣』の制作スタッフが集結して映画化した作品です。生まれつき抱える障がいにより、普通とは違う顔を持つ少年・オギーが、小学校5年生で初めて学校へ通うことになります。人とは違う個性を持つオギーと彼を取り囲む人々の物語を、丁寧に多角的に描いた、働くママたちの胸に刺さる良作です。

 

映画『ワンダー 君は太陽』とは?


宇宙飛行士を夢見る普通の男の子

 

ワンダー君は太陽場面写真1

©Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は『スター・ウォーズ』が大好きで宇宙飛行士を夢見る10歳の男の子。どこにでもいる普通の男の子なのですが、ひとつだけ普通のことは違う点があります。それは、遺伝子の疾患により生まれつき、人とは違う顔で生まれていること。たった10歳なのに、これまでに受けた手術は合計27回。学校にも通わずに、母親イザベル(ジュリア・ロバーツ)により自宅学習を続けてきました。

オギーが5年生になるタイミングで、イザベルはオギーを学校に通わせることを決意します。夫ネート(オーウェン・ウィルソン)はいじめを心配して、反対するのですが、今が絶好のタイミング!と決行するのです。もちろん、不安はありながらもオギーも学校に行きたいと思っています。

タナカシノブ

通信社、新聞社、ゲーム会社、映像制作会社を経て、2015年9月よりフリーライターとして活動中。映画、ライブ、歌舞伎、落語、美術館にふらりと行くのが好き。