注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ポエフェス」で、詩と出会ってみませんか?

ライフスタイル

2018.05.16

1-1

最近、「詩」を読みましたか?

はるか昔、学生時代に、教科書でしか読んだことない……そんな方も、多いかもしれません。けれど、あわただしい日々のなかにあるからこそ、一篇の詩に心が救われるもの。

たとえば、一時期インターネットで話題となった、ニュージーランドの子育て支援施設に貼られていたと言う作者不明の詩、「今日」(伊藤比呂美・訳)。

「今日、わたしはお皿を洗わなかった」ではじまる短い詩に、育児に疲れた保護者たちは、どんなに励まされたことでしょう。

詩は、時短になってくれるものでも、すぐに使える知識になるというものでもありません。でも、自分の気持ちに寄り添ってくれる詩がたったひとつでもあれば、きっと、あなたの生涯の支えとなってくれるでしょう。

そんな詩に、出会いに行ってみませんか?

 

「詩」のフェスティバル!?

「水と緑と詩のまち」をキャッチフレーズに掲げる、群馬県前橋市。教科書にも出て来る近代詩人・萩原朔太郎の生まれた地です。萩原朔太郎のキャラクターが登場する『月に吠えらんねえ』という漫画も、最近人気のようですね。

前橋市では2014年から、「前橋ポエトリー・フェスティバル」という詩のイベントがひらかれています。音楽にフェスがあるように、詩にもフェスがあるのです!いったいどんなことをするんでしょう?

前橋ポエトリー・フェスティバル、通称「前橋ポエフェス」の開催期間は、約2週間。2018年は、5月20日からスタート。会場は、前橋文学館をはじめ、商店街に図書館、さらにカフェと、町全体が詩に染まるのだそう!

町中のさまざまな場所で、さまざまな展示やパフォーマンスが行われるのです。詩を中心に、音楽、ダンス、美術、写真、読み聞かせ、食、まち歩きなど、楽しみは多岐にわたります。

前橋ポエトリー・フェスティバル2018

・日時   2018年5月20日(日)〜6月3日(日)

・会場   群馬県前橋市

前橋文学館、前橋中央通り商店街、前橋こども図書館、煥乎堂3階ふるほん書店、フットワークステーション、フリッツアートセンターほか

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る