注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ついに!月額950円で演劇が観放題「この時をどれほど待ち望んだか…」

ライフスタイル

2020.05.21

「Zoom」を使った在宅の寄席を開催している

同番組では演劇以外にも、多様化が進むオンラインコンテンツを紹介していました。たとえば落語家の桂紋四郎さんは、若手の落語家と一緒に「テレワーク落語会」を開始。YouTube上に落語の動画をアップし、落語の普及活動と共に「投げ銭」の機能を使用して収入を得ています。

 

また株式会社文藝春秋は今年5月に、「文春落語オンライン 柳家喬太郎落語会『落語のらりくらり』」を開催。テレワークやオンライン飲み会でも使用する動画配信サービス「Zoom」を通じ、定員1000人の寄席をおこないました。

 

その他、東京都の国立劇場は公式YouTube上で歌舞伎や狂言などのダイジェスト映像などを公開しています。普段はお目にかかれないような、出演者たちのインタビューやメッセージといったコンテンツも配信。オンライン化の普及とともに、昔ながらの日本文化が多くの人たちへ広まると良いですね。

 

>>NEXT 「おうち時間」が増えて動画配信の需要も高まった?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る