コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

オタ活の後はハンバーグの聖地で腹ごしらえ!? 住みたい街・池袋の知られざる魅力

ライフスタイル

2020.04.03

池袋はハンバーグの聖地!?

池袋では駅から半径500m以内にある100軒近くの店がハンバーグを扱っており、“ハンバーグの聖地”と呼ばれるスポット。中でも人気のある「ハンバーグ・ステーキ宮崎亭」は、肉の味を活かした「宮崎亭和牛ハンバーグ」が自慢の店です。ハンバーグにかけるのは、オーストラリアのデボラ湖で採取された500万年前の塩。ミネラルが豊富で、ハンバーグの旨味を引き立てるトッピングとなっています。

 

最後にやってきたのは、外壁が大量の眼鏡で覆われた謎の建物「老眼めがね博物館」。メーカーの売れ残り品を大量購入することで、驚きの安さを実現したメガネショップです。店の中にも所狭しとメガネが並び、気前が良く親しみやすい館長も魅力のひとつとなっています。

 

番組を見た人からは、「よく行く街なのに知らない魅力がたくさんあった」「めがね博物館のインパクトがありすぎて気になる」といった声が相次いでいました。

 

>>NEXT 女子大生が池袋を訪れる目的を調査

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る