注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

そんな名字が存在するの!?名字研究家とハンコ屋の対決が話題

ライフスタイル

2019.12.07

全国には数軒しか存在しない名字があります。今年11月に放送された『沸騰ワード10』(日本テレビ系)では、日本の珍しい名字を大公開。名字研究家とハンコ屋の壮絶な戦いが繰り広げられました。

名字研究家VS“ハンコが日本一揃う店”の店主!?

珍しい名字が紹介されたのは、番組で行われている定番企画「激突! 名字頂上決戦」。名字研究家の高信幸男さんが、“ハンコが日本一揃う店”の店主・秀島徹さんに珍しい名字のハンコがあるかを尋ねるというもの。同番組の人気企画となっており、今回で8回目の開催です。

 

高信さんは今まで「釣竿」さんや「素麺」さんなどの珍しい名字を出題してきましたが、ことごとくハンコを用意してみせた秀島さん。7回もの戦いを繰り広げ、未だに高信さんはハンコ屋さんに勝利したことがありません。

 

企画の冒頭では、高信さんにメイクを施している女性が。名前を伺うと、釋迦郡(しゃかごおり)さんだと言います。高信さんいわく「釋迦郡さんの“釋迦”って、お釈迦様の“釈迦”」とのことで、釈迦信仰が広まった集落(郡)が発祥のようす。高信さんは今回の勝負に対して、「釈迦力で勝つ!」と意気込みを語っていました。

 

>>NEXT 躑躅さんや鯰江さんなどの珍しい名字を発見!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る