注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ガキ使」メンバー大興奮!?世界のテーブルゲーム「泥沼試合に発展してからが勝負!」

ライフスタイル

2019.10.22

最近のゲームはハイテク化していますが、たまにはアナログな「テーブルゲーム」を楽しんでみてはいかがでしょうか? 今年9月放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)では、ガキ使メンバーがテーブルゲームを満喫していました。

 

4人でバランスを取り合う「スライドクエスト」


はじめに登場したのは、ドイツの「スティッキー」というゲーム。

赤色・青色・黄色の棒が、何本も輪にまとめられた状態で立っています。得点は棒自体の太さによって違い、抜き取るとバランスを崩しやすい太い棒が最も高い得点設定。この棒を崩さずいかに多く抜き取るかで勝敗がつきますが、抜く棒の色はサイコロによって決定するので運の強さも試されそうですね。ガキ使メンバーがプレイしていると、月亭方正さんが太い棒を抜いた瞬間に崩れてしまう一幕も。

 

続いてガキ使メンバーは、フランスの「スライドクエスト」をプレイしました。

四角形のボードには、4つの辺にそれぞれレバーが1つずつついています。このレバーを押すとボードが傾き、冒険者の形をしたコマが動く仕組み。1人1つずつレバーを担当し、4人で協力しながら冒険者をゴールへ導いていきます。

 

冒険者が進むコースには、ダイナマイトや落とし穴などのトラップも。4人のバランス感覚とチームワークが合わないと、コースアウトしたりトラップに引っかかるので難易度は高そうです。ガキ使メンバーでは浜田雅功さんがプレッシャーをかけすぎたため、終始ギスギスした雰囲気に。優しい心でプレイしたほうがいいかもしれませんね。

 

>>NEXT パズル完成までのスピードを競う「ウボンゴ」!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る