注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

『名探偵コナン』のトリックを実現!?担当編集が明かした秘密

ライフスタイル

2019.08.20

子どもから大人まで幅広く人気な国民的漫画『名探偵コナン』(小学館)。7月26日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、“名探偵コナンの秘密”が特集されました。ネット上では「コナンの魅力が改めてわかった気がする!」と話題になっています。

 

『名探偵コナン』の担当編集者が明かす

“青山剛昌先生のこだわり”とは


同番組には『名探偵コナン』の担当編集者・安達佑斗さんが出演。作者である“青山剛昌先生のこだわり”を教えてくれました。

 

まず取り上げられたのは、“読者を惹きつける漫画の見せ方”。安達さんによれば、物語の中で重要なシーンは“開いたページの右上”に描くそうです。例えば「トリックの種明かし」や「キスシーン」などの盛り上がる場面は、必ずページの右上に。『コナン』を読む時は、ぜひ“右上”に注目しながら読んでみてください。

 

読者を楽しませる“ちょっとした工夫”は漫画の背表紙にも。背表紙には巻によって色々なコナンが描かれていますが、実は1つひとつを繋げるとパラパラ漫画になっています。「長期連載になる」と感じた青山先生は、そのタイミングからパラパラ漫画を背表紙に採用。ちなみに50~96巻まで描かれているコナンは、「虫取り網でゲットしたリンゴを誰かに奪われる」「急に落とし穴から落下」「顔面にサッカーボールが直撃する」と悲惨な状況です。

 

漫画に登場したトリックをスタジオで実践!


続いて『名探偵コナン』の世界で繰り広げられたトリックをスタジオで実践。選ばれたのは80巻に登場する「レシートの文字を消すトリック」です。レシートの文字を消すために用意されたアイテムは“かゆみ止め”。実際に俳優の鈴木福さんがかゆみ止めをつけた綿棒でレシートを擦ると、あっという間に文字が消失。

 

番組MCの陣内智則さんをはじめ、スタジオにいたゲストからは「本当に消えた」「すごい!」と驚きの声が上がっていました。文字が消えるトリックのポイントは、レシートの表面に塗られた“発色剤”。発色剤は酸性のためアルカリ性のかゆみ止めを塗ることで、酸性を打ち消し文字が消えるそうです。

 

実際に同トリックを試した人からも反響の声が続出。「漫画内のトリックを体験できるなんて嬉しい」「漫画を見返しつつレシートトリックにもトライ。新しいコナンの楽しみ方を見つけてしまった」「コナンファンの息子と一緒にやったら結構盛り上がったよ」といった声が寄せられています。

 

親が子どもに見せたいと思う「アニメベスト3」


漫画だけでなく、アニメ版としても幅広い世代から指示されている同作品。お母さんたちにとっても安心して子どもに見せられるアニメのようです。スカパーJSAT株式会社が実施した「子どもの夏休みとママの生活」に関するアンケートを見ていきましょう。

 

1000人を対象に「夏休みに子どもに見せたいと思うアニメ番組」を質問したところ、40.5%で『ドラえもん』が第1位に。次いで『名探偵コナン』(23.3%)、『クレヨンしんちゃん』(20.6%)と続きます。ご長寿アニメ番組「ドラえもん」への信頼は絶大ですが、『名探偵コナン』も負けてはいません。

 

ちなみに子どもの性別で比較した場合は、男子のお母さんから好評だったのが「ポケットモンスター」シリーズです。一方、女子の場合は「塔の上のラプンツェル」が支持を集める結果になりました。他にも、同調査ではお母さんの心に残っている“夏休みのアニメ映画”が明らかに。ベスト3を見ると第1位は「ドラえもん」で、続いて「となりのトトロ」「ポケットモンスター」がランクインしています。

 

連載が始まってから今年で25周年を迎える『名探偵コナン』。これからも漫画・アニメ・映画の新作から目が離せないですね。

 

<あわせて読みたい人気記事>

危険すぎる罠!怪盗キッド絶対絶命?!劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』

『世紀末の魔術師』TV放送決定に歓喜! 映画『名探偵コナン』はマジで名作

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【アニメ】その他の記事

アニメ
もっと見る