2019.07.28

新幹線のグリーン車に格安で乗る裏技はあるのか!?

安価で東海道新幹線のグリーン車に乗るコツは?

「グリーン車=高い」と思われている人も多いでしょう。事実、新大阪駅~東京駅間における「のぞみ号」の普通車自由席は13,620円ですが、グリーン車になると19,230円にもなります。ところが、安価で東海道新幹線のグリーン車に乗れる裏ワザがあります。それは募集型企画旅行「ぷらっとこだま」を利用することです。「ぷらっとこだま」ですと、新大阪駅~東京駅間のグリーン車は片道12,000円!なんと「のぞみ号」の普通車自由席よりも安いのです。しかも、ドリンクと交換できる「1ドリンク引換券」が付いてきます。「1ドリンク引換券」はステッカー掲示のある売店でドリンクと交換可能。ワゴンサービスがない「こだま号」では本当に助かります。

 

「ぷらっとこだま」は名称のとおり、各駅停車タイプの「こだま号」しか乗車できません。「こだま号」ですと、新大阪駅~東京駅間の所要時間は約4時間。「のぞみ号」よりも1.5倍ほど時間はかかりますが、グリーン車ですと、それほど苦になりません。

 

「ぷらっとこだま」にはいくつか注意点が存在します。まず、乗車区間が限られます。たとえば、新大阪駅~東京駅間は利用できますが、新大阪駅~三河安城駅間といった利用はできません。2つ目は乗車できる「こだま号」が限られることです。乗車できる「こだま号」は「ぷらっとこだま」の専用ホームページに書かれています。3点目は主要駅にある「みどりの窓口」では購入できません。「ぷらっとこだま」の専用ホームページ、もしくはJR東海ツアーズ、JTBの各支店で乗車日前日までに購入しておきましょう。

 

文・撮影/新田浩之

 

≪ BACK 1

2

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。