2019.07.10

当駅止まりの何故!? 鉄道の中途半端な行き先(関西編)

JR宝塚線快速塚口行き 

多くの中途半端な行き先は朝夕ラッシュ時に見られるものですが、JR東西線からのJR宝塚線快速塚口行きは日中にも運行されます。この列車のポイントは本来なら快速通過駅である塚口駅で折り返すこと。つまり、快速塚口駅始発・終着の列車に限り、快速列車が塚口駅に止まります。

 

快速塚口行きが設定された背景には隣駅の尼崎駅の事情があります。本来ならJR神戸線、JR東西線が乗り入れる尼崎駅で折り返すのが自然。しかし、JR東西線からの列車が尼崎駅で折り返すとなると、JR神戸線の運行に支障をきたします。そこで、隣駅の塚口駅で折り返すようになりました。

 

もし、塚口行きに乗り、塚口駅以遠(宝塚駅方面)に行く場合は尼崎駅で宝塚方面行きの快速列車に乗り換えます。ほとんどの乗客が尼崎駅で快速列車に乗り換えるので、塚口行きはガラガラの状態になります。

 

近鉄京都線:急行宮津行き 

先ほどの快速塚口行きをさらに進化させたのが近鉄京都線(京都駅~大和西大寺駅)に設定されている京都駅発急行宮津行きです。宮津駅は急行停車駅ではありませんが、急行宮津行きのみ停車します。しかも、宮津駅の隣にある急行通過駅の興戸駅、三木山駅にも停車。まるで、区間急行みたいな列車ですね。

 

また、車両本数が少ないのも特徴。平日は2本、土日祝日は1本のみの設定です。このように急行宮津行きはレア度の高い列車でもあります。

 

>>NEXT 阪神、山陽:特急須磨浦公園行き

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。