2019.07.10

当駅止まりの何故!? 鉄道の中途半端な行き先(関西編)

ラッシュ時間帯に列車に乗ると「当駅止まり」に当たったことはありませんか? 思わず「なんで?」とつぶやきたくなるもの。今回は関西における何とも中途半端な行き先を紹介します。

 

<ひとつ前の鉄道記事に戻る>

朝の通勤ラッシュ帯をラクに乗りきる方法を「元押し屋」が説く

 

御堂筋線中津行き

関西で最も有名な中途半端な行き先は天王寺駅方面からの中津行きではないでしょうか。中津駅は大阪キタの中心地、梅田駅の北隣にある駅。中津駅から先は東海道・山陽新幹線が乗り入れる新大阪駅があります。新幹線に乗るために乗ったら中津行きだった…という悲劇話はよく聞きます。

 

2019年6月現在、中津行きは朝ラッシュ時間帯と夕ラッシュ時間帯~深夜にかけて運行されます。中津駅には折り返しができるポイントがあり、主要駅である新大阪駅のヘルプ役を担っています。また、中津駅と西中島南方駅の間には淀川が流れています。一説によると、淀川の水位が高くなったときに備えて、手前の中津駅で折り返せるようになっているとか。いずれにせよ、中津駅は御堂筋線の運行上、なくてはならない駅です。

 

何かと恨まれることが多い中津行きですが、中津駅発天王寺方面行きの列車はとても便利。何せ梅田駅で確実に座れるのですから。

 

御堂筋線新金岡行き


国内で最も中途半端な行き先は大阪メトロ御堂筋線の新金岡行きかもしれません。なんせ、御堂筋線の終着駅である、なかもず駅の手前で折り返すのですから。「どうせなら、なかもず駅まで行けばいいのに…」と思うのは筆者だけでなないでしょう。

 

実は新金岡駅となかもず駅の間には車庫があります。新金岡駅に着いた列車はそのまま車庫に向かうわけですね。なかもず駅からダイレクトに車庫へ行くことはできず、一旦引込線に入り折り返すことになります。新金岡行きは朝ラッシュ時間帯~10時台、夕ラッシュ時~深夜帯にかけて運行されます。

 

>>NEXT JR宝塚線快速塚口行き

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。