2019.07.08

稲垣吾郎さん「家族の再生していく姿が描かれている」映画『海獣の子供』で父親役に

©︎2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 

五十嵐大介の大人気漫画を原作に、STUDIO4℃がアニメーション制作を手がけた公開中の映画『海獣の子供』。中学生の少女・琉花がジュゴンに育てられた兄弟“空”と“海”に出会い繰り広げる、ひと夏の冒険が描かれています。

 

公開初日に行われた舞台挨拶には、主人公・琉花役の芦田愛菜さん、海役の石橋陽彩さん、空役の浦上晟周さん、琉花の父・安海正明を演じた稲垣吾郎さん、そして渡辺歩監督が登壇し、作品の魅力についてたっぷりと語っていました。

 

映画『海獣の子供』


芦田さん「琉花と“海”が水族館で出会うシーンが好き」

 

©︎2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 

冒頭のあいさつで芦田さんは「たくさんの人にこの作品を観ていただけるのがうれしいです」とニッコリ。琉花と“海”が水族館で出会うシーンが好きだという芦田さんは「そのシーンで流れる久石譲さんの音楽がとても素敵で、何かが始まる期待、高揚感を皆さんにも味わっていただきたいです」と作品の見どころをアピールしていました。

 

©︎2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 

石橋さんは、アフレコ時に変声期を迎え、いつ声が変わるかわからないタイミングだったことを明かします。「アフレコの2日後くらいに声が変わり始めて危なかったです」とヒヤヒヤした様子を振り返っていました。浦上さんは「観終わった後に誰かと語り合うことができる映画です。たくさん語り合って、心の中でこの作品を深めていただけたらうれしいです」とコメントしていました。

 

>>NEXT メインキャストとの初対面に……

タナカシノブ

通信社、新聞社、ゲーム会社、映像制作会社を経て、2015年9月よりフリーライターとして活動中。映画、ライブ、歌舞伎、落語、美術館にふらりと行くのが好き。