注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

時短ランニングのウェア・アイテム選び!【元メダリストが教える!】

ライフスタイル

2019.09.27

2019.11.30

健康のために、ダイエットのために。何か運動を始めたい!と思っているママ達へ。

何か習いごとをする? いやいや、働くママにはそんなヒマはないのが現状…。

だからこそ、空いた時間に「サクっと」できるのが“時短ラン”。

時短ランとは、空き時間にママが片手間でできるランニング。

でも走るのって、ハードル高いのでは…?と思いきや、続けられるのは、実はコツ次第。

楽に、楽しく時短ランを続けるコツを元マラソンメダリストの市橋有里さんに聞きました。

今回の記事では、時短ランがより楽しくなるアイテムについて教えてもらいました。

 

特集INDEX

第1回 時短ランニング!サクッと走って健康管理

第2回 ランニングのストレッチは2種類ある【静的・動的】

第3回 初心者のための疲れにくい走り方【たったこれだけ!】

第4回 時短ランニングのウェア・アイテム選び!

絶対に用意すべき「ランシューズ」の選び方

「ランニングアイテム選びで一番大切なのは、シューズです。シューズだけは、絶対に走るのに適したものを選んでくださいね。シューズひとつで、走るときの心地良さが格段に違います。適したシューズを選べば、ケガを防ぐことにもつながるんです」

実際にどんなポイントに気をつけてシューズを選べばよいのか、聞きました。

シューズの底がしっかりと厚めに作られている

「シューズを選ぶときに、チェックしてほしいのは『底がしっかりとしているかどうか』。走るときは体重分が足にかかるので、靴底のクッション性は重要です。かかとが分厚くなっているものは、しっかり衝撃を吸収してくれるので、ケガもしにくいです。疲労度も全然変わってきます。ランニング用に作られているシューズであれば、まず間違いありません。ちょっと走ってみるだけだから…と、家にある普段ばきのスニーカーで走る人もみかけますが、論外です!」

 

シューズ選びの際は、必ず店頭で試着を

「シューズを選ぶ際は、ネット通販などではなく手間をかけてでも、必ず店頭で試着してから購入するようにしてください。しっかりと足を入れて実際に走ってみて、自分の足とのなじみを確認しましょう。最近ではランニングシューズを多く取り扱う、専用のショップも増えています。せっかく購入したのに、結局合わなかった…ということがないように、慎重に、何足かを履き比べるのもいいでしょう」

 

市橋さんオススメは『アディダス』のウルトラブースト

「ママにおすすめなのが『アディダス』の『ブースト』というラインです。ブーストとは、クッション性に優れたソールのテクノロジーのこと。ふわっと軽い履き心地と足の跳ね返りに優れた反発性で、とても走りやすいシューズです。疲れにくいので、走るモチベーションにも繋がると思いますよ!初心者のかたにオススメなのが『ウルトラブースト』というラインです。デザインもシンプルなので、私服に合わせても違和感がありません」

 

見た目ももちろん大事!ウエアの選び方


「走るのに慣れてきたら、専用のかわいいウエアを調達してみてください。走るモチベーションがさらに上がりますよ。選ぶ際は、できればランニング用に作られたものがオススメです。吸湿性や速乾性のある素材を使っているものが多く、汗をかいても快適に着られます」

 

脚のラインが気になる人はショートパンツを活用

「ランニングスタイルとして最近主流なのが、Tシャツ×タイツ。ただ、それだけだと脚のラインが気になってしまう…という人は、ショートパンツをタイツの上に重ね着すれば安心です。オススメは、ランニング用のショートパンツ。例えばメッシュ素材など、通気性が高くランニングに適した素材などが使われていることが多いので、走っているときも快適。腰の部分に隠しポケットがあって小銭などをじゃまにならないように格納できたりも、ラン用ならでは」

 

トップスは、できるだけ通気性のいいものを

「トップスですが、紫外線対策で袖の長いTシャツを着ている人も多いですが、私はオススメしません。走るときに重視したいのは、やっぱり通気性の良さ。暑くなるこれからの季節は、Tシャツではなくノースリーブタイプもオススメです。ランニング用のものは、軽くて涼しく走ることができます。また、肩甲骨まわりが空いていて動かしやすいなどの工夫もされています。走っている間に熱がこもりすぎると、熱中症のようになって具合が悪くなってしまう場合もあります」

 

慣れてきたら、フィットする下着に変えてみよう

「ランニング中のバストの揺れが気になる…というのは、意外と多い声なんです。そんなときにオススメしたいのが、スポーツ用のブラです。スポーツブランドから出ているものなら、バストをしっかりとホールドしてくれて、運動中にも気になりません。こちらの写真のものはバックスタイルもかわいい。気分も上がりますよね!」

持っているとより快適なグッズ


 「走るときのプチ悩みを解決してくれるグッズや、モチベーションを上げるためにタイムや距離が図れるグッズなど、ラン専用のグッズもたくさんあります。一つあるだけで走っているときの快適さを、格段に上げてくれますよ!」

 

体にフィットするウエストバッグ

「走るときはできるだけ何も身につけたくないものですが、最低限スマホや家のカギなどは持っていますよね。そこでオススメなのが、こちらのタイプのベルトバッグ。ストレッチ性のある素材で、見た目よりもとても収納力があります。ポーチタイプだと走っているときに揺れがちですが、こちらならぴったりと体にフィットして、かなり快適!」

 

紫外線対策のキャップは、人目が気になる場合もフォロー

「早朝に走るママはとくに、紫外線対策としてキャップは用意したほうがいいでしょう。夜間走る場合でも、人目が気になる…という気持ちもフォローしてくれます。ノーメイクでもキャップをサッとかぶれば、目隠しにもなりますよね。ランニング中は汗をたくさんかくため、通気性のいいものを選びましょう。こちらのキャップのように部分的にメッシュが使われているものは、通気性を実現しつつもいかにもスポーツっぽくない見た目なのがオススメです」

 

目からの紫外線を防げるサングラス

「意外に見落としがちなのが、目への紫外線対策です。手持ちのファッション用のサングラスだと、走っているときに揺れて不快な思いをするかと思います。ランニング用のものだとフィット感もばっちり。ただし、顔の形に合う合わないがあると思うので、こちらも必ず試着をしてくださいね」

 

モチベーションを上げてくれる、ランニング用ウオッチ

「走るのが日課になってきたら、こんなアイテムもあります。私が愛用しているのは『GARMIN』の『ForeAthlete 235J』というモデル。手首に装着すると心拍データが計測できたり、1kmごとに振動してお知らせしてくれたりします。カラーバリエーションが豊富なので、おしゃれ使いとしても気に入っています」

 

走るのを「大変」と思いこみすぎず、少しの工夫で楽しいものにする…。それが、ママの「時短ラン」。ぜひ明日から、いや今日から、始めてみませんか?

 

PROFILE

ランニングアドバイザー・市橋有里さん

1977年生まれ。22歳で世界選手権セビリア大会にて銀メダルを獲得し、世界大会のマラソン種目では史上最年少のメダリストとなった。2000年シドニーオリンピックに出場。 東京マラソン2007で現役を引退し、現在はランニングアドバイザーとして活躍。ゲストランナーとしての活動や、子どものかけっこ教室などを主宰している。一方で、料理好きが高じて料理サイトの連載を担当するなど、活動の場を広げている。

取材・文/松崎愛香 撮影/斉藤純平

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る