2019.08.20

満天の星空に感動!おすすめの天体観測スポットー関東・東海編ー

 

◆都心から1時間半で行ける奥多摩

それでは、おすすめの天体観測スポットをご紹介することにしましょう。

新宿から電車でおよそ1時間半で行くことができる奥多摩は、東京都は思えないほど、自然が豊富に残る天体観測スポットとして人気の高い場所です。

奥多摩の天体観測の人気スポットは、奥多摩湖と雲取山の2ヶ所をあげることができます。

奥多摩湖は周辺にキャンプ場や宿泊施設も多いので、宿泊してゆっくりと星空観賞を楽しむことも可能です。

また、奥多摩湖の周囲には駐車場もたくさんありますので、車で出かけて日帰りするという方法もあります。ただ、山の中を走ることになりますので、道路はカーブが多いです。運転には十分な注意が必要になります。

雲取山は奥多摩で標高が最も高い山になります。

パワースポットとしても人気の高い三峯神社があり、宿泊施設もあります。

周囲に人工的な灯りがなく、標高が高いため、星を眺めるのに絶好のスポットとして人気を呼んでいるようです。

登山初心者向けの山ではありませんので、登山に慣れていない方は、登山経験者と一緒に登るか、ツアーに参加した方がよいでしょう。

◆天の川の絶景スポット竜神大吊橋

夏の夜空を眺めると、天の川と織姫星と彦星は目を引きます。

茨城県常陸太田市にある竜神大吊橋は、天の川の絶景スポットとしよく知られています。

竜神大吊橋は、8:30~17:00の間しか渡ることができませんが、竜神大吊橋と天の川のコラボレーションは実に見事なものがあります。

竜神大吊橋に十字にかかる天の川は、夏ならではの眺めと言えるでしょう。竜神大吊橋の下はダムになっているため、人工的な灯り

に邪魔されることはありません。自然の暗闇が、満天の星空の美しさをひときわ盛り上げてくれます。

アクセスは、常陸太田駅からバスでおよそ45分になります。

竜神峡は秋には紅葉で人気の高い場所ですが、カヌー遊びやハイキングなど自然を満喫することが出来ます。

少し足を伸ばせば、水戸光圀公が穏やかな晩年を過ごした西山御殿庭園などがあります。

 

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫