注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お店で売っているようなハーバリウムの作り方

ライフスタイル

2019.08.14

ハーバリウムとは、ドライフラワーやプリザーブドフラワー加工をした花やグリーンを不純物を含まない高純度精製オイルに浸したもので、インテリアとして人気を集めています。
市販の商品もありますが、手づくりするのが人気となっているようです。早速、作り方をご紹介しましょう。

■ハーバリウムとは

ハーバリウムの英語の意味は「植物標本」で、本来は研究のために乾燥させた植物標本を分類したものを指します。また、植物標本を展示している部屋や建物のこともいうようです。確かに見た目は植物標本のようですね。

手づくりの植物標本といえば、かつては「押し花」が代表的だったのではないでしょうか。それが、現在では、ハーバリウムとなったということでしょうか。ドライフラワーやプリザーブドフラワー加工をした花やグリーンをキレイなびんに入れ、オイルに浮かばせて作るハーバリウム。

「押し花」のように平面ではなく立体的にすることで、植物のいきいきとした表情を長く楽しむことができるようになめのです。オイルの効果で色あせもしにくくなり、長持ちできるようになります。

品質管理のされたオイルを使用し、花にほこりや水分も付着していなければ、1年以上たってもきれいなまま飾っておくことができるのです。

 

 


■ハーバリウムづくりに必要なもの


まず、ハーバリウムに入れる花材を用意します。ほこりや水分が含まれていると、すぐに劣化してしまいますから、ドライフラワーもしくはプリザーブドフラワーにしたものを使用します。その際、ほこりがついていないことをよく確認してください。

容器は、花と一緒にオイルを入れるため、ガラスのびんがよいでしょう。大きさは中にいれる花材とのバランスを考えて、マッチしたものを選びます。その際、市販のハーバリウムなどを参考にするとよいでしょう。大きさや形が決まれば、次はオイルです。

中に入れるオイルは、ミネラルオイルやシリコンオイルを使用するのですが、ハーバリウムを手づくりするための専用のハーバリウムオイルが売られているので、これを使うとよいでしょう。

後は、ハーバリウムの作成に必要となる道具が必要になります。ピンセット、はさみ、ウエットティッシュやティッシュペーパー、ピンセットは割りばしなどでも代用が可能です。ウエットティッシュはアルコールタイプのものや除菌タイプのものがよいでしょう。

作業中にオイルがこぼしてしまった時のことを想定して、ビニールシートを用意しておけば万全です。

■ハーバリウムを作ってみよう

材料と道具を用意したら、実際にハーバリウムづくりを行います。まずは、容器のクリーニング、中をウエットティッシュで拭き取ります。熱湯や漂白剤に漬けておくというのも効果的です。次に容器の内部の水滴をきれいに拭き取ります。

容器の内部を清掃する際に、ピンセットや割りばしが便利です。

しっかりと清掃しておくことで、不純物を取り除き、カビなども予防できます。ハーバリウムを長持ちさせることにもつながりますので、できるだけ丁寧に行っておきましょう。

次に、花の配置などのデザインをイメージします。実際に並べてみることで、花材をカットする位置などを決めることができます。

次にイメージしたように花材をカットし、下に入れるものから容器の中に配置していきます。ここでもピンセットを使用し、しっかり丁寧に配置していきます。そのままではきれいに収まらないこともあるので、引っ掛かりなども調整しながら配置します。

配置が完了したらオイルを入れていきますが、ここでもコツがあります。オイルは、容器を傾けて内側を伝わらせるようにゆっくりと入れていきます。直接上からかけてしまうと、花材がつぶれたり、動いてしまったりして、当初イメージしたものと違う配置になってしまいます。

オイルを注入し終わったら、しばらく時間をおきます。すると気泡が浮いてきます。空気が抜けてしまえば、ふたをきっちりと閉めて完成です。後は、好みに合わせて容器をデコレーションすれば、より華やかなハーバリウムに仕上がります。

 

■花材も自分で作ってみよう

ドライフラワーは自分でも簡単に作ることができます。手軽な作り方としては、室内につるしておくだけです。1、2週間で完成します。少量の水に差しておいて蒸発させるという方法もあります。容器の中に、乾燥材と一緒に入れて密閉する方法もあります。

手軽なのは自然乾燥する方法ですが、乾燥機や扇風機などを使用すればより早くドライフラワーが完成します。

ドライフラワーに向いていない花もありますので、その場合は、プリザーブドフラワーにする方法を考えてみましょう。専用の溶液を使用するので多少手間がかかりますが、その分より一層達成感が得られます。

■まとめ

インテリアとして、お部屋を華やかに彩ってくれるハーバリウム。自分で作ってみるとオリジナルなものにもなり、愛着も湧いてきます。自分用に、そして親しい方への贈り物にも最適と言えそうです。
世界でたった一つのハーバリウムを、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る