2019.08.14

お店で売っているようなハーバリウムの作り方

ハーバリウムとは、ドライフラワーやプリザーブドフラワー加工をした花やグリーンを不純物を含まない高純度精製オイルに浸したもので、インテリアとして人気を集めています。
市販の商品もありますが、手づくりするのが人気となっているようです。早速、作り方をご紹介しましょう。

■ハーバリウムとは

ハーバリウムの英語の意味は「植物標本」で、本来は研究のために乾燥させた植物標本を分類したものを指します。また、植物標本を展示している部屋や建物のこともいうようです。確かに見た目は植物標本のようですね。

手づくりの植物標本といえば、かつては「押し花」が代表的だったのではないでしょうか。それが、現在では、ハーバリウムとなったということでしょうか。ドライフラワーやプリザーブドフラワー加工をした花やグリーンをキレイなびんに入れ、オイルに浮かばせて作るハーバリウム。

「押し花」のように平面ではなく立体的にすることで、植物のいきいきとした表情を長く楽しむことができるようになめのです。オイルの効果で色あせもしにくくなり、長持ちできるようになります。

品質管理のされたオイルを使用し、花にほこりや水分も付着していなければ、1年以上たってもきれいなまま飾っておくことができるのです。