2019.06.27

岡田准一が伝説の殺し屋に!笑いとアクションの振り幅がスゴ過ぎる!

©︎2019「ザ・ファブル」製作委員会

 

世界基準のド派手なアクションとハッピーなゆる笑いが満載! 型破りな救出ミッション・エンターテイメントが公開中です。

 

伝説の殺し屋に与えられたミッションは、「1年間、誰も殺さないこと」。つまり、殺し屋の休業です。<普通>を満喫し始めた矢先に訪れる大ピンチ! 主人公・ファブルを岡田准一が演じています。なんと、本作がマンガ原作初挑戦となります。

 

映画『ザ・ファブル』


殺してはいけない殺し屋が、誰も殺さず、人質救出に挑む!

 

©︎2019「ザ・ファブル」製作委員会

 

本作の原作は、現在も「ヤングマガジン(講談社)」で連載中の人気マンガ「ザ・ファブル」です。岡田准一演じる“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋。彼は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在です。しかし、ある日佐藤浩市演じるボスに「殺し屋休業」を命じられます。期間は1年。一般人として普通の暮らしをするというミッションです。ボスの命令は絶対。ファブルは佐藤アキラとして生まれて初めて一般人としての生活を始めるのです。

 

©︎2019「ザ・ファブル」製作委員会

 

相棒は木村文乃演じるヨウコ。時給800円のアルバイト先で、山本美月演じる幸薄ガール・ミサキや佐藤二朗演じる脱力系の社長と出会い、ペットにはインコを飼ったりと、<普通>を満喫し始めた矢先に事件発生! 世話になったミサキが人質にとられてしまうのです。ファブルは「誰も殺さず人質救出」という前代未聞の無謀なミッションに挑みます。

 

©︎2019「ザ・ファブル」製作委員会

 

タナカシノブ

通信社、新聞社、ゲーム会社、映像制作会社を経て、2015年9月よりフリーライターとして活動中。映画、ライブ、歌舞伎、落語、美術館にふらりと行くのが好き。