注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【令和元年】日本人なら知っておきたい【伊勢神宮の歴史と正しい参拝の仕方】

ライフスタイル

2019.08.03

「お伊勢さん」という親しみやすい愛称や「お伊勢参り」という言葉が広く知られることからもわかるように、日本の神道の中心として、日本の誇りとしてたくさんの人々に長い間愛されてきた伊勢神宮。令和元年という新たな時代の節目を迎えた今、日本人の心のふるさととも呼ばれる伊勢神宮について、あらためて勉強し直してみましょう。新たな発見とともに、より「お伊勢さん」への思いが深まるはずです。

 

①正式名称や縁起

「お伊勢さん」「大神宮さん」など、いろいろな呼び名で知られる伊勢神宮。

実は、正式名称は「神宮」といいます。とてもシンプルですが、本来はこれが正式な呼び方なんですね。

さて、そんな神宮は、何もひとつのお宮だけを指してそう呼ばれているわけではありません。長い歴史を誇る皇室の御先祖である神様としても知られる、天照大御神を祀っている内宮(皇大神宮)、そして衣食住やさまざまな産業の守り神である豊受大御神を祀っている外宮(豊受大神宮)を中心に、14所の別宮と43所の摂社、24所の末社、42所の所管社、これら125の宮社全てを含む全体を「神宮」と呼ぶのです。

とはいえ、全ての宮社を一度にまわるのはあまり現実的なプランではありません。一般的に、伊勢神宮へのお参りというとまずは外宮(豊受大神宮)、そこからバス等で移動し内宮(皇大神宮)に参拝するのが普通です。年末年始など特に混み合う時期はそれも大変なので、内宮のみに参拝するという方もたくさんいますが、それ以外のシーズンであれば無理なくふたつのお宮をまわれるでしょう。そこで今回は、伊勢神宮の中心である内宮と外宮についてご紹介します。

・内宮

今からおよそ2000年前、第11代の天皇である垂仁天皇の時代から、皇位の象徴である三種の神器のひとつ・八咫鏡を御神体としてここに祀られているという天照大御神。天皇家の祖先、皇室の氏神として、国家の政治を祈るとても重要な神社として内宮の歴史ははじまりました。

今でこそ多くの人が訪れる伊勢神宮ですが、その神聖さから、当初は一般人の参拝は禁止されていたといいます。江戸時代以降には市井の人々へも開放されるようになり、いわゆる「お伊勢参り」が庶民の間でも大きなブームとなりました。

内宮の入り口にあたるのは五十鈴川にかかる宇治橋。宇治橋を渡り玉砂利が敷き詰められた参道を進んでいくと、神域である内宮にたどり着きます。その敷地内には皇大神宮をはじめいくつもの宮社があり、それぞれに天照大御神やその荒御魂、その弟神である月読尊、風雨を司る神である級長津彦命や級長戸辺命が祀られています。

・外宮

内宮からは少し離れた場所にある外宮は、今からおよそ1500年ほど前から豊受大御神を祀リ続けています。

衣食住、そしていろいろな産業の守り神としても崇敬されている神様である豊受大御神は、天照大御神の食事を司っている御饌都神(みけつかみ)。天照大御神を祀っている内宮と合わせ、丹波国から現在の地に迎えられたといいます。それ以来、外宮内にある御饌殿では、朝と夕の1日2回、天照大御神、そして相殿及び別宮に祀られる神々に食事を備える日毎朝夕大御饌祭が今も続けられています。

 

②正しい参拝時間・服装・ルートなど

今現在は誰でも参拝することができる伊勢神宮。とはいえとても広く、また内宮と外宮との間の距離もあり、無計画に訪ねると思ったように見て回ることができない可能性も十分あります。参拝時間やおすすめの服装、見どころを無理なく回れるルートなどもご紹介します!

・参拝時間

年間におよそ800万人もの人々が参拝に訪れるという伊勢神宮。参拝時間も、季節によってきちんと決められています。

10月、11月、12月の3カ月間は午前5時から午後5時まで、1月、2月、3月、4月、9月は午前5時から午後6時まで、そして5月、6月、7月、8月は午前5時から午後7時まで。日が長い時期は参拝時間も若干長くなり、冬に向け日が短くなるにつれ徐々に短くなっていきます。

・服装に関するマナー

神社やお寺などにお参りに行く際、服装を気にしたことがあるという方はあまり多くないかもしれません。ですが伊勢神宮に関する情報を見てみると、フォーマルな服装での参拝がベストと書かれていることもよくあります。

実際には、一般的な参拝であれば特にきちんとした服装でなければならない、ということはありません。ごく普通の普段着で問題ないのです。もちろん、夏であっても露出が多すぎるファッションは避けるべきですし、混み合う場所もあるため人とぶつかった際など相手を傷つけかねないような形状のアクセサリーは身につけない方が良いですが、フォーマルな服装で行く必要はありません。

御垣内参拝と呼ばれる特別な参拝の場合には、礼服が一番望ましいとされています。敬意を失しない程度の平常服、例えば男性であれば背広にネクタイ、女性ならスーツやフォーマルなワンピース等でも大丈夫だそう。その場合はデザインや色合いなども派手なものは避けるよう注意しましょう。

・無理なく回れるおすすめルート

まずは内宮の見どころを回るおすすめルートからご紹介します。

五十鈴川に架けられた宇治橋が内宮の入り口。参道を進むと手水舎・御手洗場があり、まずはそこで身も心も清めます。続いて瀧祭神、内宮神楽殿、そして天照大御神を祀る皇大神宮の順に回ります。続いて御稲御倉、荒祭宮、風日祈宮を巡り、最後に参拝者向けの無料休憩所である参集殿で一休み……という順序です。

続いて、外宮の見どころを無理なく回るルートです。

防火のために作られたお堀、それに架けられているのが火除橋です。橋を渡って神域に入ると手水舎があり、そこで手元・口元をすすいでから外宮を見て回ることになります。

伊勢神宮について深く知れるせんぐう館、外宮神楽殿、古殿地、正宮である豊受大神宮と回った後、いろいろな祭典に用いられる三ツ石、多賀宮にもぜひ足を止めてみましょう。

内宮と外宮、どちらのルートも30分ほどで見て回れます。時間的にも体力的にも余裕がある方は、他の宮社などもぜひ見学してみてくださいね。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る