2019.07.01

加藤諒さん「相手を否定することから入らない」という母の教え

©︎魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019

 

観客に衝撃と興奮をもたらした2.5次元ミュージカル、舞台「パタリロ!」が実写映画になって、新たなセンセーションを巻き起こす! 魔夜峰央原作の超人気漫画「パタリロ!」の映画版、劇場版『劇場版パタリロ!』が6月28日(金)より劇場公開となります。原作コミックは、40年以上連載が続く伝説的作品。

 

舞台版に続き、映画版でも主人公・パタリロを演じた加藤諒さんに、役作りや本作に込めた想い、お気に入りのシーンや撮影現場の様子についてインタビュー! さらにドラマ・バラエティで唯一無二の存在感を放つ加藤さんに、子役時代の思い出や、自らの子供時代について語っていただきました。

 

©︎魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019

 

—— 加藤さんとパタリロとの出会いを教えてください。

 

加藤さん 舞台版の主演のお話をいただいたのが、しっかり向き合ったきっかけです。いわゆる「パタリロ!」世代ではないのですが、もちろん、ビジュアルは知っていました。僕が演じるパタリロで、リアルタイムで原作やアニメを見ていない世代にも「パタリロ!」を知っていただけたらいいなと思っていました。

 

—— 原作は40年も続く伝説的漫画なので、プレッシャーは半端なさそうですが……

 

加藤さん 舞台の初演に足を運んでくださった方は、原作ファンが圧倒的に多かったと思います。めちゃくちゃ緊張したのを覚えています。

 

©︎魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019

 

—— 人気漫画原作の実写映画化は、ビジュアルも含めていろいろと話題になりますが、加藤さんがパタリロを演じることに対してはとてもウェルカムな声が多かった気がします

 

加藤さん そうなんです。特に舞台のときは「パタリロ、まんまじゃん!」みたいに言っていただきました。とてもうれしかったのですが、受け入れられすぎて「本音を言ってもらいたい」と疑ってかかっちゃったりしましたね(笑)映画版の情報解禁時に、SNSなどで「やー、違うんだよね」という意見をちらほら見たので、逆にちょっと安心しました。賛否両論あってバランスが取れると思っているので、ホッとしている自分がいました。

 

タナカシノブ

通信社、新聞社、ゲーム会社、映像制作会社を経て、2015年9月よりフリーライターとして活動中。映画、ライブ、歌舞伎、落語、美術館にふらりと行くのが好き。