コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

しっかり眠って疲れを取ろう!翌朝すっきり目覚めたい方にオススメの快眠のコツ

ライフスタイル

2019.07.18

178-1

疲れたときには、ゆっくり眠る!という方も多いのではないでしょうか。睡眠は人間にとって、非常に重要な疲労回復法! しかし中には、「きちんと眠っているはずなのに、なぜかなかなか疲れが取れない……」なんて感じる方もいます。

しっかり眠って疲れを取るためには、実はいくつかのコツがあります。限られた時間を有効活用するためにも、疲れを取るのに適した寝方をマスターしましょう!

 

■眠る姿勢にこだわってみよう

疲れが取れやすい寝方として、まず気になるのが寝ているときの姿勢についてです。眠るときの姿勢には、

・あおむけ
・うつぶせ
・横向き

といったパターンがあり、普段の生活の中で、自分にとって安心できる体勢を選択している方も多いことと思います。

あおむけで眠る場合には、体の負担が一カ所に集中し過ぎず、体重を分散させることができます。効率よく身体を休めることができるでしょう。

うつぶせで眠る場合には、呼吸が腹式呼吸になりやすく、深く息を吸い込みやすいという特徴があります。短時間睡眠でも疲れをしっかりとりたいときや、ストレスが気になる場合に効果的だと言われています。

横向きに眠る場合は、気道が確保されていびきなどのトラブルに悩まされにくくなります。普段から呼吸の乱れが原因で眠りが浅くなりがちな方は、こちらを試してみると良いでしょう。

疲れを取るための寝姿勢には、100%の正解があるわけではなく、自分自身に合った方法を選択するのがベストです。もしも今、「眠っているのに疲れがとれない」と感じているのであれば、別の寝姿勢へと変更してみるのも良いでしょう。

またうつぶせや横向きの状態で快適に眠るためには、体を支えるクッションや枕などを使った方が良い場合もあります。どんな姿勢になると楽なのか、便利グッズも活用しながらアレコレと試してみてください。

■快眠を遠ざける習慣をやめよう

睡眠でしっかりと疲れを取るためには、まずぐっすりと眠る必要があります。とはいえ「よし、眠ろう!」と思ったからといって、人間の体はすぐに熟睡できるわけではありません。私たちにとって身近な習慣が、熟睡を妨げてしまっているケースも少なくありません。

快眠を遠ざける習慣としては、以下のようなものが当てはまります。

・就寝時間直前の入浴
・眠る直前までスマホを見る
・Tシャツやジャージで眠る
・眠る前にアルコールを摂取する

身体や脳が眠りにつくためには、さまざまな準備が必要となります。直前の入浴やスマホは、脳と身体に刺激を与えてしまうもの。どちらも、就寝時間の1時間前までに終わらせることを新習慣にしてみてください。

また眠るときの格好としては、パジャマが最適です。身体への締め付けがないために、リラックスして過ごせるでしょう。

眠れないときに寝酒を飲む方もいますが、残念ながらこれも逆効果です。一時的には眠気がやってくるかもしれませんが、睡眠全体の質は確実に低下してしまいます。深夜に目が覚めてしまうなど、「ぐっすり眠って疲れを取る」とは真逆の行為になってしまいますから、十分に注意しましょう。

 

■寝室の環境にもこだわってみよう

睡眠時間にしっかりと疲れを取るためには、寝室の環境を整えることが大切です。まずは寝具が自分の身体に合っているかどうか、確認するところからスタートしてみてください。

例えば柔らかすぎるマットレスや枕は、ふわふわしていて気持ちが良いのですが、かえって身体に負担を与えてしまう可能性があります。高反発タイプで、身体をしっかりと支えてくれるタイプを選んでみてください。寝返りなども楽に行えるようになり、睡眠中の疲労回復効果を高めてくれることでしょう。

枕については、自分自身の体型や寝方によっても、ベストなタイプ・サイズは変わってくるものです。普段は何気なく選んでしまいがちですが、一度プロにチェックしてもらうのもオススメの方法です。

お気に入りの寝具を揃えたら、あとは日ごろのメンテナンスにも気を遣ってみてください。ベッドルームは、ホコリや湿気が溜まりやすい場所でもあります。これらの問題を放置すれば、ハウスダストなどの影響により、睡眠の質が低下してしまう恐れがあります。

最低でも週に一度はしっかりと清掃を行い、気持ちよく眠れる環境を整えてみてください。ベッドルームを自分自身の手で整えることで、気持ちもきっと落ち着くことでしょう。睡眠と向き合う意識も高まりますから、より一層心と身体を癒やす効果も高まるのではないでしょうか。

178-2

■まとめ

朝起きたときから、なんとなく身体がだるい……と感じている方はいませんか? しっかりと睡眠時間を確保しているつもりでも、実は熟睡できていない!なんてことも考えられます。睡眠時間も貴重な時間ですから、しっかりと眠って効果的に身体を回復させたいところです。

しっかりと眠って疲れを取るためのコツとしては、眠るときの姿勢や眠る前の生活習慣、そして寝具選びやメンテナンスなどのポイントが挙げられます。今の自分に欠けているポイントがどれなのか、まずは見極めるところからスタートしましょう。

落ち着いて眠れる環境が整ったら、きっと朝の気分にも変化が現れるはずです。もっと前向きな気持ちで、毎日の生活を楽しめるのかもしれませんね。「たかが睡眠」と思わず、ぜひ真剣に向き合ってみてください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る