2019.07.17

パパすごい!ゲーセンで大活躍できるUFOキャッチャーゲットのコツ

177-1

子どもと一緒にゲームセンターへ行くと、目に留まるのがUFOキャッチャーです。アームを動かして景品を動かし、ゲットするアレですよね。

子どもから「アレが欲しい!」と言われても……とれるわけがない!なんて、諦めている方はいませんか? UFOキャッチャーで景品をゲットするためのコツを紹介します。

子どもに「すごい!」と思われるためにも、ぜひチェックしてみてください。

 

■景品がゲットできそうなアームを選ぶ

UFOキャッチャーで景品をゲットできるかどうかは、その機器に設置されているアームの能力によっても、確率が変わってきます。アームに景品をがっちりとつかむだけの性能やパワーが備わっていれば、景品ゲットはそれほど難しくないでしょう。

一方で、ゲームセンター側にとっては「高額商品をいくつも取られては、商売が成り立たない」という事情もあります。あえてアームのパワーを抑え、ゲームそのものの難易度を上げているケースも少なくありません。

アームの状態は、ゲームをスタートする前でもチェックできます。以下の2つのポイントを確認してみてください。

★アームの先端の幅

UFOキャッチャーをプレイしていないときには、アームは閉じた状態でスタンバイしています。この際の、左右のアームの先端の幅に注目してみてください。幅が狭ければ狭いほど、そのアームはつかむ力が強いことを示しています。

中には、左右のアームの先端の幅が、非常に広くなっているものもあります。この場合はつかむパワーが弱いため、「つかんで上げる」以外のゲット方法を検討した方が良いでしょう。

★爪の角度

UFOキャッチャーのアームの先端に取り付けられているパーツを爪と言います。注意深く観察していると、この爪の角度にも、それぞれ微妙に差があることがわかります。

爪の角度は、できるだけ90度に近いものの方が、景品を取りやすいという特徴があります。景品がツルツルと滑るのを防いでくれることでしょう。

また爪の幅は、できるだけ広いものを選ぶのがオススメです。