2019.07.16

隙間時間に頭の体操!ナンプレやクロスワードパズルはハマりすぎ注意

 

176-1

ちょっと時間が空いたときに、「手軽に楽しめる趣味みたいなものが欲しいな」と思ったことはありませんか? 自分のペースで進められて、達成感ややりがいを感じられるものだと、なお良いですよね。

さてこのような場面でオススメなのが、ナンプレ(数独)やクロスワードです。それぞれの特徴やメリット、ナンプレ・クロスワード以外の脳トレゲームを紹介していきます。

 

■ナンプレ(数独)とは?

数独とも呼ばれるナンプレは、今や世界中で愛されるゲームの一つとなっています。3×3の9つのマス目を基準に、適切な数字を埋めていくという、非常にシンプルなゲームとなります。

ナンプレでは、この3×3でできたマス目を、9つ組み合わせて数字を入れ込んでいきます。つまり9×9のマス目を使ってゲームを楽しむことになります。マス目に数字を入れる際のルールは以下の2つです。

・3×3のマス目には、1~9のすべての数を一度ずつ使う
・縦9マスにも横9マスにも、1~9のすべての数字が一度ずつ並ぶように使う

ナンプレの問題をチェックしてみると、9×9のエリアの中に、すでにいくつかの数字が配置されていることがわかります。この数字に矛盾しないよう、自分で残りのエリアを埋めていくことになります。

★ナンプレ(数独)を行うメリット

ナンプレ(数独)を行うメリットは、脳の活性化や記憶力のアップにあります。残念ながら人間の脳は、徐々にその機能が低下していってしまうもの。しかし毎日しっかりと使うことを習慣化していれば、そのスピードを緩やかにできます。いつまでも若々しい脳の状態を保ちやすくなるというわけですね。

また記憶力がアップすれば、日常的な仕事や勉強で役立つ!という方も多いのではないでしょうか。さまざまな条件から数字をあてはめ、試行錯誤を繰り返すことで、勉強効果も高まりそうです。

 

■クロスワードとは?

時間があるときにコンビニに立ち寄ってみると、ナンプレ(数独)と同じくらいたくさんの種類が見つかるのが、クロスワードです。こちらも大人の暇つぶしゲームとしては、最適であると言えるでしょう。

クロスワードはナンプレよりもルールが単純で、記載されたヒントを元に答えを予想し、与えられたマス目の中に書き込んでいくことになります。タテとヨコ、それぞれに答えを書き込む中で、クロスするマス目については、両方に当てはまる文字を入れる必要があります。「単純に文字数どおりに埋めれば良いというわけではない」というところに、魅力を感じる方も少なくありません。

ナンプレと同様に、どこでも手軽に楽しみやすいという特徴があります。

★クロスワードを行うメリット

ナンプレと同様に、クロスワードパズルは脳の活性化につながると言われています。クロスワードでは、与えられたヒントを元に、答えを推察していきます。文字数や、すでにあてはめられている言葉を頼りにしながら、パズルを埋めていくことになります。

クロスワードパズルを楽しむ人は、普段からパズルを通して集中力を発揮し、推察力や直感力を磨いていきます。イギリスの研究チームからは、これら以外にも、記憶力や注意力に対する好影響も報告されています。

年齢を重ねるごとに、「物や人の名前がスムーズに出てこなくなった!」と語る方は決して少なくありません。クロスワードを日常的に楽しみ、記憶力や直感力をキープしていくことで、若々しさを維持することにもつながるのかもしれませんね。