注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「焼鳥で1杯」はもうオヤジの独占物ではない!

ライフスタイル

2019.05.15

119-2

■店によって異なる雰囲気

焼鳥屋さんのイメージといえば、カウンターやテーブル、また、座敷で大勢でにぎやか、焼物を焼く時の煙と炭や肉の焼ける匂いといったところでしょうか。これがおしゃれかというと、確かにおしゃれではないかもしれません。

ですが、最近増えてきたワインと焼鳥を出すお店の場合、この従来の焼鳥屋さんでワインを出してくれるお店もあるのですが、イタリアンやフレンチのお店をベースとして焼鳥を出してくれるお店が増えてきています。こういったお店の場合、内装もおしゃれで従来の焼鳥屋さんの雰囲気が全くないのです。

ランチやディナーを食べにくるお店といった感じでしょうか。デートはもちろん、女性どうしてちょっと一杯といった場合にも最適かもしれません。

ベースが焼鳥屋さんであれば、従来の焼鳥屋さんの雰囲気を楽しみながら、ワインを楽しむことも可能になります。

フレンチやイタリアンがベースとなっている場合、料理は焼鳥屋や一品ものだけではなく、「鶏肉のトマト煮込み」「鶏肉の赤ワイン煮込み」「チキンのデミグラスソース煮」「鶏肉の味噌煮込み」といった料理も提供されるようです。

■ソムリエの厳選したワイン

ワインも楽しめる焼鳥屋さん、鶏肉料理屋さんの場合、専属のソムリエが店におくワインを決めている場合があります。この場合、店が提供する料理に合わせた多くの種類のワインを取りそろえています。

ですから、好みのワインだけでなく、注文した料理に合ったワインを注文することも可能になっています。焼鳥と言えども、こうなると立派なフレンチやイタリアンの料理と考えることもできるのかもしれません。

ワインにはさまざまな種類があり、そのワインが合う料理もさまざまです。せっかく多くのワインを取りそろえている店であれば、自分の好みだけでなく、シェフやソムリエがお勧めするワインを飲んでみるのもいいのではないでしょうか。ボトルで注文しなければ、いろいろなワインを飲むこともできますよね。

■まとめ

焼鳥といえども、鶏肉の料理の一つですから、ワインが合うというのもおかしな話ではありません。実際にフレンチなどでもさまざまなソースで鶏肉を食べることになります。そのソースがたれになったというだけです。たれも立派なソースのひとつですよね。

基本は赤か白ですが、迷った時にはロゼを選択するというのもありです。店によってはスパークリングなども取りそろえているので、焼鳥と一緒にいろんなワインを楽しみましょう。

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る