注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

年間1800杯!かき氷の女王・原田麻子さんに聞く 自宅で作る至極のレシピ

ライフスタイル

2018.07.25

2019.11.29

_DSC1662

本日7月25日は、「かき氷の日」。

暑くてどうしようもない日に食べるかき氷は、

おいしさと、幸せを運んでくれます。

かき氷といえば、思い浮かべるのは縁日で出されるようなものですが、

実は最近のかき氷は、かなり進化を遂げているとか。

今回は、かき氷を知り尽くしている

“かき氷の女王”こと原田麻子さんにインタビュー。

15年間かき氷を食べ続けてきたからこそ、語ることのできる

原田さんの「かき氷への想い」と絶品のレシピを聞いてきました。

私がかき氷の女王になるまで

_DSC1632

大学生のとき食べた「京はやしや」のかき氷が人生を変えた

原田さんと衝撃のかき氷の出合いは、20歳のとき、夏の京都にて。

「ものすごーく暑くて、とにかく冷たいものが食べたい!と思って入ったのが、京都の老舗茶舗『京はやしや』さんでした。そこで『雪山』という名前通りの、非常に大きなかき氷を注文したんです。良質な抹茶の濃い味わいと、ふわふわの氷の食感に感動して。これまでのかき氷の概念を覆されました」

それからというもの、全国のおいしいかき氷を探しては食べ歩くようになった原田さん。

「だからといってSNSにアップしたりするのは、当時は恥ずかしくてまったくしていなかったんです。ただ、私のなかでかき氷はどんどん特別な存在になっていって、いつかお店を持ちたいという思いに。そういうのって少し照れ臭かったんですけどね」

当時会社員として働いていた原田さんは、1年間限定店を週1でやることに。その後2016年の秋に「氷舎mamatoko」をオープンした。

「かき氷作りは、全部独学。私のかき氷に対する愛情と信念がたっぷり詰まっているお店です。かき氷って、ラーメンみたいなもの。そのおいしさを味わうには、提供されてから一気に食べきってもらえるとうれしいです」

それが、原田さんのかき氷論。かき氷をこよなく愛する原田さんだからこその、アドバイスです。

 

_DSC1670

 「かき氷は食事」1日に4〜5杯は食べる

プライペートでは年間1800杯、店で出す試作の試食を含めると、軽く年間2000杯はかき氷を食べているという原田さん。

「基本的には、かき氷が食事代わりなので。いわゆるごはんをまったく食べない日は、週3.4日ありますね。かき氷は同じお店で2.3杯食べることもあれば、何件かハシゴする日も。夜はあまり食べないので、昼にたくさん食べます。常に新しいフレーバーを食べるというよりは、行きつけの店もだいたい決まっていて、好きなものを繰り返し食べます。フルーツ全般が多いですが、その日の気分でナッツ系やしょっぱい系のものも食べますよ。最近ではホント、フレーバーが豊富なので選ぶのも楽しいです」

毎日かき氷……飽きたりはしない?の問いには、

「しないですね。ご飯食べる行為に飽きる人っていないじゃないですか、それと同じです。休みの日には、かき氷を食べに遠方に行くことも楽しみです」

名店のかき氷を食べるときに気をつけたいこと

_DSC1681

「夏になると、かき氷の名店って行列を作って並んだりしますよね。でも、炎天下で小さな子を連れて何時間も並ぶと、お子さまの体がもたないことも心配です。子どもさん連れでゆっくりしたいママは、ぜひ猛暑を過ぎた秋口ごろの来店を狙ってください。氷が溶けるのも夏場に比べると遅いので、ゆっくり食べられます。炎天下のなか並ぶよりは、はるかに子どもにもやさしいですしね」

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る