コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

回転寿司でお得なネタを食べたければタッチパネル注文はやめなさい

ライフスタイル

2018.05.29

最初に紹介されたのは、失敗しない回転寿司の店選び。お店に入ったら、まずはサーモンに注目してみましょう。サーモンには“トラウトサーモン”と“アトランティックサーモン”の2種類があり、もともと回転寿司ではトラウトサーモンしか出回っていませんでした。

 

しかし、トラウトサーモンは本来ニジマスの一種。一方でアトランティックサーモンは本物の生サーモンで、トラウトサーモンよりも良品です。アトランティックサーモンは色が薄く、サシが入っているのが特徴。脂がのっていてうまみを感じられるので、回転寿司屋に行ったらぜひチェックしてみてくださいね。

 

つづいて注目するのは得する注文の仕方。「回っているものは取らずにタッチパネルで注文する」という人も多いかもしれませんが、実は大きな間違い。希少な魚や激安海鮮軍艦などはメニューに載せるとすぐになくなってしまうこともあるので、あえてレーンにしか流さないことも多いそうです。

 

さらに、通常流れているハマチの“背身”よりおいしい“腹身”も、注文ではなかなか出てこないネタ。レーンにならこっそり流れてくる可能性もあるので、通常より赤い部分がなく白い腹身のハマチが出てきたら即GETしておきましょう。

 

ネット上では、「今までよかれと思って注文してた…」「これからはとりあえず1周はレーンを見てみる」との声が。ちなみに米川さんは、コスト的に1番お得なネタとしてマグロの中落ち軍艦をおすすめしているので、見つけたらぜひ食べてみては?

 

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る