注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

広島のお土産「風情ある風景が広がる旅するお菓子」

ライフスタイル

2020.02.23

2020.04.29

かわいいものを探すのが大好きな文筆家の甲斐みのりさんに「かわいい」「おいしい」「心に残る」の3拍子がそろった“手渡したら確実に喜んでもらえる”ご当地のおみやげを「3つだけ」厳選してもらう連載。

 

さらに、忙しいママたちのために、3つのうち、少なくとも1つは必ず「遠方からもお取り寄せできるもの」を選んでもらってもらいました。「忙しくてご当地に行っているヒマがない!」というママでも、手に入れることができますよ。

 

今回の記事で甲斐さんがご紹介してくれるのは、“風情のある景色が広がる”【広島県】のおみやげ3選です。

\ 甲斐みのりさん的/
「広島」のお土産


広島みやげの代表格といえば、もみじ饅頭が有名ですが、レモンの生産量日本一で、最近では、すっきりとした味わいのレモンを使ったお菓子や食材の種類が増えて、駅や物産館でも様々な種類が見つかります。

個人的には広島市はもちろんのこと、風情のある風景が広がり、『崖の上のポニョ』の世界に潜り込める鞆の浦のある福山市や、『この世界の片隅に』の舞台になった呉市を旅したときも、おみやげ探しが楽しかったので、福山と呉からも選出しました。

 

1:【取り寄せ可】 広島銘菓 またきて四角/西洋菓子 無花果 1,533円(3個入・税込)

日本一のレモンの生産地として知られている瀬戸田町生口島(いくちじま)の「瀬戸田レモン」の最高峰である、プレミアムせとだ「エコレモン」を使用したレモンケーキ。広島レモンのおいしさが、ぎゅっと丸ごと詰め込まれています。

 

レモンシロップ入りの生地を専用の型で焼き、表面をレモンシロップでコーティングし、刻みレモンをトッピング。まさに「レモンづくし」の一品です。その名の通り、四角い形をした見た目もユニーク。縦6cm×横6cm×高さ5cmと、ボリューム満点で、さらに密度もぎっしりのパウンドケーキです。

 

「広島に行ったときに地元の人にオススメのお土産を聞いたところ、“自慢の味だよ”と、こちらをお勧めされたんです。立方体のような四角い形で、見るからにボリューム満点。半分に切ったり、斜めにナイフを入れて三角に切ったり、子どもと食べるなら4分の1に切り分けても十分。といっても、レモンのさわやかな酸味でペロリと丸ごと1個、食べられてしまうのですが(笑)。周りのジャリっとした食感の甘酸っぱいコーティングもとてもおいしいです。名前もユニークで、インパクトも十分!」

 

広島銘菓 またきて四角 

  • 販売店:西洋菓子 無花果 
    JR 広島駅 エキエ おみやげ街道
  • 通販:可。公式販売サイト (http://www.ichijiku.com)にて
  • 問い合わせ先:info@ichijiku.com 

2:【取り寄せ可】ばら最中/福富 1,598円(税込)

クリエイティブな産品として、福山ブランドにも認定されている広島県・福山市の銘菓。

 

もなかのあんは、福富自慢のつぶあん。皮が柔らかく粒の大きい丹波大納言小豆を使用し、3日間かけてゆっくりじっくり炊き上げられています。しっとりとみずみずしいあんを最高の状態で味わえるように、もなかの皮とは包装が別。だからこそ、パリパリもなかとしっとりあんのコラボレーションを楽しめるのです。

 

あんは缶にたっぷりと入っているので、残ったらパンに塗ったりとアレンジするのもアリ。またもなかと食べる際は、あんと一緒にバニラアイスも一緒にはさんで食べるのもオススメです。

 

「福山に行った際に、美しいバラのお菓子がある!とうれしくなって、お土産で買いました。しかも、私の大好きなもなか。福山はバラが有名でもあるので、福山らしいもなかです。バラは普遍的に誰からも愛されるモチーフですし、母親世代にも好まれることうけあい。あんを自分で入れるので、モナカのパリパリ食感と歯切れを楽しむことができます。子どもも楽しんでたべられそうですね」

 

ばら最中 

  • 販売店:有限会社菓匠 福富  
    広島県福山市松浜町3-8-36
  • 通販:可。公式販売サイト (http://kashoufukutomi.com/) にて
  • 問い合わせ先:084-991-3380

 

3:【取り寄せ可】十六味保命酒/入江豊三郎本店 815円(ガラス瓶入、化粧箱入 300ml・税込)

広島県福山市名産の江戸時代から伝わる薬味酒・保命酒(ほうめいしゅ)。広島県民なら誰もが一度は見たことのある伝統的なお酒で、滋養強壮を目的に飲まれます。原料はもち米、麹米とアルコール分40%の焼酎。アルコール度数は14度で、賞味期限は製造日より2年です。

 

お酒のなかに薬味の成分が溶け込んでいるので吸収も早く、飲むと身体のすみずみまで行き渡ります。寒い時期には体が温まり、夏は夏バテ防止に。甘みの強いお酒ですが、この甘さはもち米から出る自然のもので、砂糖や人工甘味料は使っていないというのも特徴です。

 

「保命酒が生まれたのは、『崖の上のポニョ』の舞台になった海沿いの風情のある街。映画の世界に憧れて旅をしていたら出合ったお土産です。江戸時代に船が着く街だったということもあり、みんなこれを飲んで力をたくわえていたんでしょうね。ほんの一口飲むだけで、体がぽかぽかしてきます。パッケージのクラシックさも、素敵。普段お酒を飲まない人でも健康のために、ぜひ試してほしいです。アレンジとしては、プレーンヨーグルトにかける、炭酸で割る…など、リキュールとしても楽しめます。寝る前に一杯いただくのもよさそう。日々お疲れのお母さんたちにもエールの意味を込めて!」

 

十六味保命酒

  • 販売店:入江豊三郎本店 
    広島県福山市鞆町鞆600-1    
  • 通販:可。公式販売サイト (https://iriehonten.shop-pro.jp/) にて
  • 問い合わせ先:0120-37-2013

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

この特集の記事一覧に戻る

 

PROFILE

文筆家・甲斐みのりさん

旅、散歩、お菓子、パン、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。和歌山県田辺市、宮崎県川南町など、地方自治体の観光案内パンフレットも手がける。著書は『全国かわいいおみやげ』『気持ちが伝わるおいしい贈りもの』『アイスの旅』など40冊以上。公式サイト

取材・文/松崎愛香 撮影/田尻陽子 
※紹介している商品の取り扱い、在庫の有無についてはお近くの店舗に直接お問い合わせください

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る