注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

本当に美味しい梅干しに出会いたい!!

ライフスタイル

2019.12.21

疲労回復や食欲増進に効果があるとされ、ご飯やお弁当のお供として人気の食材のひとつである「梅干し」。

非常に身近な食材だからこそ、たまにはちょっとこだわって特別な梅干しを食べてみませんか?

まずは好みの梅干しの種類を知る

梅干しといっても種類はさまざまです。一般的なのは、次の3つではないでしょうか。

・シソ漬け梅

・はちみつ漬け梅

・かつお梅

 

それぞれ名前の通りですが、「シソ漬け梅」は材料に赤シソを使っています。鮮やかな赤色と、シソのさわやかな香りが特徴。さっぱり系の味が好きな人におすすめです。

 

「はちみつ漬け梅」ははちみつをつかっているので、甘味があってまろやか。酸味が控えめなので、酸っぱいものが苦手な人でも食べやすいのがポイントです。

 

「かつお梅」はかつお節を使っているのが特徴です。出汁の香りを感じる深い味わいが魅力。

 

同じ梅干しでも材料の違いによって、いろいろな味を楽しめるので、まずは自分の好みの種類を見つけてみましょう。

梅干しを選ぶ時の3つのポイント

今度は高級梅干しの選び方を見てみましょう。梅干しを選ぶ際にはどんなことに気を付けるといいいのか、3つにまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

①梅干しの製法で選ぶ

まずは梅干しの製法をチェック。「梅干し」「梅漬け」「調味梅干し」の3種類に分かれます。

それぞれの特徴としては、「梅干し」は梅と食塩のみで作られたもので、昔ながらの梅干しがこれにあたります。

「梅漬け」は天日干しをしない、塩で漬けただけの梅干しで、カリカリとした食感が特徴です。

「調味梅干し」は、梅干しを水やお湯などで塩抜きして、塩分を抑えた梅干しとなっています。

 

②梅干しの産地で選ぶ

梅干し選びに迷ったら産地で選ぶのもおすすめ。梅の収穫量トップに和歌山県がありますが、「南高梅」と聞くとピンとくる方も多いのではないでしょうか。

他にも群馬県や山梨県などでも梅干しが作られているので、いろいろな地域の梅干しを比べてみるのも面白いですよ!

 

③自分や贈る相手の好みで選ぶ

先ほどもご紹介したように、梅干しにはさまざまな種類があります。そのためギフト用に考えている方は、贈る相手の好みを必ずチェックしておきましょう。

塩分が気になる方には塩味を抑えたもの、お子さまがいるご家庭にはなるべく甘いものなど。もちろん自分用の場合にも、ご飯がすすむような好みの味を選ぶのがポイントです。

 

梅干しの高級ブランド5選

梅干しの種類や選び方がわかったところで、次に自分へのご褒美やお世話になった人へのギフトにぴったりな人気の梅干しブランド5選をご紹介したいと思います。

 

・長生き屋商店

お店の名前からして何やらおめでたそうな雰囲気が漂います。「長生き屋商店」は、お祝い事や贈答用におすすめの梅干しメーカー。熟練の梅干し職人によって自家製造された梅干しを販売しています。梅干しの他にも、梅エキスや梅に商品を多く取り扱っていて評判が高いのが特徴。

長生き屋商店のおすすめ商品は、「金粉入り金梅招」です。看板商品の「長生き梅」を小分けにし袋詰めしてあります。梅干しの上には豪華な金粉が乗っており、おめでたい席にぴったりの一品です。

 

・福梅本舗

和歌山県産の紀州南高梅を贅沢に使用した梅干しのお店です。「一粒一粒にまごころを込めて」をモットーに、とびきりの梅干しを提供しています。紀州南高梅の中でもランクの高い梅干しを使用。

中でもおすすめ商品は「華結(はなむすび)」です。極上の梅干しを一粒一粒丁寧に和紙で包んであります。肉厚や風味の良さは別格。お店の中でもナンバー1に輝く人気ギフトです。

 

・紀州和歌山みなべ梅翁園

昭和17年創業の老舗梅干しブランドです。会社のある和歌山県日高郡みなべ町は、太平洋と緑の山々に囲まれた自然豊かな環境。実際に梅干しづくりの見学をすることもでき、全国から多くの観光客が訪れます。

中でもおすすめの商品は、「スイートはちみつ梅干し」です。独自の二段仕込み製法で作られているのが特徴の人気商品。一段目は下味、二段目に甘さをじっくりと染み込ませています。果糖とはちみつだけを使い甘味料は不使用、塩分は5%と塩味が抑えてあるのもポイントです。

名前の通り、「甘くて食べやすい」とお子さまにも人気があります。

 

・猿梅

猿梅は1990年に創業の、比較的新しい梅干しブランドです。社名に縁起物の「猿」の字を使い、いつまでも健康でいられるようにという願いが込められているんだとか。それでも短期間の間に売り上げを伸ばし、これまでにもさまざまなメディアでも紹介されました。

なかでも特におすすめなのが、「猿梅ひかえめ」です。塩分は約6%と塩分控えめで、フルーティーな味わいが特徴。梅干しの酸っぱさが苦手な方にも人気の一品です。完熟し厳選した紀州南高梅を使用していて、ふっくらととろけるような食感が楽しめます。

猿梅オリジナルの和紙風包装紙で包まれているので、お世話になった方へのギフトにもぴったりですよ。

 

・石神邑

紀州石神は「梅の郷」としてもお馴染み。そこで作られた梅干しは、味や食感、余韻の全てが格別です。

中でもおすすめなのが、三段重ねになった特選セット。石神邑で人気商品の「うす塩味梅干し」「邑咲」「蜜っこ」を三段重ねで詰め合わせてあります。A級品の南高梅の中でも特大粒のみを贅沢に使用。

一粒ずつ和紙で包まれており、箱は鮮やかな桐箱、さらに優しい色合いの風呂敷で包んであります。梅干しも包装の見た目も豪華で華やかなので、ギフトにおすすめです。

身近な梅干しだからこそ、いいものを

今回は梅干しの選び方や、高級梅干しブランドを5選ご紹介しました。あなたが気になる梅干しのブランドは見つかりましたか?

高級な梅干しは見た目も華やかで、味も普通の梅干しとはやはり違ってきます。自分へのご褒美にはもちろん、贈答用にも喜ばれる商品です。ぜひご自身お気に入りの梅干しブランドを見つけてくださいね。

 

文/小野寺香織

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る