注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

最高のリラックスタイムのお供にはやっぱり最高のコーヒーが必要

ライフスタイル

2019.10.18

ブレイクタイムのお供に人気のコーヒー。コンビニコーヒーやインスタントコーヒーもお手軽でいいけど、たまには「最高級」と言われるコーヒーを飲んでみたいと思いませんか?
とはいえ、最高級コーヒーと言われるものも種類が多く、何を基準に選んでいいか分からない方も多いはず。そこで今回は、一生に一度は飲んでみたい最高級のコーヒー豆をご紹介します。

 

ブルーマウンテン


まずはコーヒーの王様とも称される「ブルーマウンテン」。コーヒーに詳しくない方でも一度は聞いたことがあるはず。ブルーマウンテンは自然豊かなカリブ海に浮かぶ、ジャマイカで生産されているコーヒーです。

収穫から栽培まで、すべて手作業で行われているのが特徴の一つです。さらに標高1000メートル前後の高い場所でしか栽培することができません。

しかし高すぎる場所でも育ちにくくなってしまうというデリケートな品種でもあります。そのため大量に栽培することができず、希少価値の高い最高級コーヒー豆として扱われるようになりました。

味の特徴としては全体的にクセが少なく、バランスの整った味として定評があります。もちろん最初にご紹介したように、味の感覚は人それぞれですが、最高級コーヒー豆の初心者の方におすすめです。コーヒー豆の単価は100gで1,000~3,000円前後。喫茶店やホテルの場合は1杯1000円前後で味わえます。

 

コピ・ルアク


コピ・ルアクは世界最高級と言われているコーヒーです。

インドネシアで生産されており、その特徴は「ジャコウネコ」の糞から採取されるという点。「動物の糞から採取されるなんて……!」「衛生面で問題がありそう」といった声が聞こえてきそうですが大丈夫です。

最高級と言われる秘密は、ジャコウネコのエサとなるコーヒーチェリーにあります。コーヒーチェリーとは、コーヒー豆の実の部分ですが、ジャコウネコはこのコーヒー豆のタネの部分を消化せずに糞として排出するのです。タネの部分はジャコウネコの体内で発酵されたため、独特の香りが付きます。こちらを丁寧に洗浄し、乾燥させたものが「コピ・ルアク」となるわけです。

仕組みを聞くと飲むのをためらってしまいそうですが、それでもコーヒー豆としては最高級のランクを誇ります。ホテルなどのラウンジでは1杯5,000円することもあるのだとか!通販などで入手できる焙煎豆でも100gあたり4,000円以上はする代物です。

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る