2019.09.10

富士そばでタピれる!?白いタピオカで作るいくら風丼「これはイケる!」

破竹の勢いで流行中の「タピオカドリンク」。モチモチした独特な食感は、多くの人を惹きつけています。特に女子高生から人気を集めているタピオカですが、最近はなんと“いくら風味”にアレンジした店も登場したとか…。

 

タピオカがいくらに大変身!?


今年8月に「名代富士そば 三光町店」は、タピオカにいくら風の味つけをした「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット」を期間限定販売。公式Facebookによると、“ドリンクに使用されている黒い種類”とは別の白いタピオカを使っているそうです。ネット上では以前から「これだけ甘いタピオカが流行ったあとは、しょっぱい味つけのタピオカも売れるはず」という予言が。これが的中したこともあって、“いくら風タピオカ”の登場がSNSを盛り上げたのは言うまでもありません。

 

「さすがに“タピオカ丼”はやりすぎじゃない?」という声も上がっていましたが、実際に食べた人からは意外と高い評価を得ています。「においの少ない魚醤みたいな味つけがされてた。食感はモチモチしてて、新しいけどしっかり美味しい」「うまいわけないと思って食べてみたら、本当にいくらの味が… これはいけるぞ!」「タピオカ好きだけど最近は若い女性ばかりが食べてるイメージがあった。僕みたいなおっさんはタピれないのかと思ってたら、こんなにナイスな新商品が出るなんてビックリ」といった感想が。

 

>>NEXT タピオカ好き必見のアプリ「タピナビ」

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。