コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

飲み放題は本当にお得なの?元が取れるか気になる人が見落としていること

ライフスタイル

2020.01.15

2020.01.20


忘年会や新年会、あるいは歓送迎会なので飲食店を利用することがあるかと思いますが、そんなとき、皆さんは単品で注文しますか?それとも飲み放題を利用しますか?

居酒屋などのプランとしてなじみのある「飲み放題」はお得感があり、メジャーなものとなっています。

 

しかし「飲み放題」は本当につけた方がお得なのでしょうか?

飲み放題で元は取るためには◯杯以上飲む?

せっかく飲み放題を頼むのなら、できれば元をとりたいところ。

 

例えば2時間2,000円の飲み放題をつけたとします。1杯500円でビールを提供しているお店であれば、単純計算でビールを4杯飲むと元が取れる計算になりますね。

 

原価で考えると、ビール1杯平均原価150~200円だそうなので、ビールをおよそ10~13杯飲むと元が取れるということになります。

ビールは原価が高いので10~13杯で元が取れる計算になりましたが、サワー系やカクテル、酎ハイになるとさらに原価は下がり、種類にもよりますが1杯20円~100円ほどの原価だそう。そのため、ビールよりも大量に飲まなければ元は取れません。

 

飲み放題は30分前にラストオーダーとなる場合が多いので、2時間の飲み放題の場合は1時間半でおよそ10杯以上の飲むと元が取れる計算になります。

お酒好きな人であれば難なく飲める量なのかもしれませんが、2、3杯程度で十分という人にとっては、元を取るのはなかなか難しそうです。

 

>>NEXT 元が取れる以上のメリットがある!?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る