2019.09.02

麺カタ・濃いめ・油多め…ラーメン屋に好みを把握された女性の嘆き

普段よく利用する店では、顔を覚えられていることも。ところが店員とのコミュニケーションを億劫に感じる人と、そうでない人とで意見が分かれます。顔なじみになると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

ラーメンの好みを覚えられると恥ずかしい…


店の常連になりたくないという女性は、「3回くらい行ったお店で『いつもありがとうございます』って言われると行きたくなくなる」と打ち明けています。彼女は顔を覚えられ、話しかけられるのが嫌だそう。このお悩みを皮切りに、ネット上では常連になりたいかどうかで議論が勃発しました。

 

“常連になりたくない派”の意見を見ていくと、「店員さんとの距離感って本当に難しい。常に初対面みたいな感じで接してほしいよね」「お昼休憩に行くカフェがあるんだけど、私が店に入るなりカフェラテが作られる。知らない人に好みを把握されるのってちょっと気持ち悪い…」「馴れ馴れしくなってきて雑な対応をされるのがイヤ。こっちも1度覚えられたらずっと愛想よくしなきゃいけないし」といった声が。

 

中には「好きなラーメン屋があったけど、私の『麺固め・味濃いめ・油多め』というオーダーを覚えられた。恥ずかしくてもう行けないよ」「ヒトカラがマイブームだったときに、カラオケ屋の店員が『いつも1人ですね』って… わかってても言うな!」などのエピソードも見られました。覚えられることによって発生するデメリットは意外と多いようです。

 

 

>>NEXT 常連になったきっかけって?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。