2019.09.01

腸内環境を整える!砂糖を”オリゴ糖”に変えてみませんか?

近年はさまざまな食品がダイエットや健康の面において注目されています。摂取するカロリーを抑えるために、さまざまな食品が販売されていますよね。

その中の一つにオリゴ糖があります。いろいろな食品にオリゴ糖が入っているのですが、特に有名なのがヨーグルトです。

プレーンのヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べるという話もよく聞くのではないでしょうか。オリゴ糖とはどういったもので、どんな効果があるのでしょうか。糖というからには、糖類であることはわかりますよね。


■オリゴ糖って何?

オリゴ糖は、その名の通り糖質であることは間違いありません。そもそも糖質はその大きさで分類されています。主に単糖類、多糖類、オリゴ糖に分類されるのですが、オリゴ糖は単糖が複数個結合されたものです。

多くの場合、2個結合されているので、二糖類ということになります。

オリゴ糖というのは、一つの種類のことではなく、糖質の分類のひとつです。ですから、オリゴ糖にもいろいろなものがあるのです。

基本的な考え方としては、オリゴ糖は自分のエネルギーのために摂取するのではなく、オリゴ糖を餌とする善玉菌の餌にするのが目的です。

健康や美容に関しては、腸内環境が大切になります。腸内環境を整えるというのは、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが重要なのですが、オリゴ糖を与えることで、善玉菌の増殖を促しているのです。

ですから、オリゴ糖が入った食品というのは、健康食品が多くなっているのです。