注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家族でおいしく出かけよう!ご当地グルメ満喫の旅~東北編~

ライフスタイル

2019.08.28

関東地方からも、意外と近い東北地方! 豊かな自然の中で特別な体験が数多く楽しめるほか、美味しいご当地グルメも満喫できることをご存知ですか?

これから東北旅行に出かけるなら、ぜひ家族で楽しめるご当地グルメにも注目してみてください。東北地方を訪れたら、必ずチェックしておきたいご当地グルメを6つ紹介します。


■十和田バラ焼き(青森県)

本州最北端の青森県といえば、名物「りんご」を思い浮かべる方も多いことでしょう。とはいえ青森県で楽しめるのは、りんご料理だけではありません。

育ち盛りの子どもたちと一緒に楽しみたいのが、十和田バラ焼きです。牛バラ肉とたくさんの玉ねぎを甘辛いタレで絡め、鉄板で豪快に焼いたご当地グルメです。思い浮かべるだけでなんだかヨダレが出てきそうですが、実際に食べてみると、ごはんとの相性抜群! 食欲旺盛な子どもたちも、きっと満足してくれることでしょう。

バラ焼きはもともと屋台スタイルで提供されることが多かったと言われていて、現在でも、そうした雰囲気を楽しめるお店が少なくありません。気取らずワイワイ、地元の人たちと一緒に食事を楽しんでみてください。


■盛岡冷麺(岩手県)

岩手県盛岡市を訪れるのであれば、ぜひ押さえておきたいのがご当地グルメ・盛岡冷麺です。コシの強い麺とあっさりとしたスープは、一度食べたらヤミツキになる方も少なくありません。

盛岡冷麺の麺は、じゃがいものでんぷんと小麦粉を合わせ、しっかりと練って作られたもの。少しちぢれた麺が、美味しいスープとよく絡みます。スープやトッピングへのこだわりは、お店によって個性が出やすいポイントでもあります。

人気のお店を食べ比べてみてはいかがでしょうか。


■横手焼きそば(秋田県)

過去に開催されたB級グルメコンテストで、何度も上位入賞を果たしている人気グルメが、横手焼きそばです。秋田県横手市周辺地域には、こだわりの横手焼きそばを出すお店が多数ありますから、ぜひ本場で楽しんでみてはいかがでしょうか。

横手焼きそばの特徴は、太めのストレート角麺を使っていること! 通常の焼きそばとは違う、インパクトのある麺が魅力の一つです。お店独自のダシ入りソースで味付けをしたら、焼きそばの上に目玉焼きを乗せ、福神漬けをトッピングします。

横手市では毎年、横手やきそば四天王決定戦が開催されています。市内に数多く存在する焼きそば店の中から、予選・本選で勝ち残った4店舗のみが、「四天王」の称号を名乗ることができます。どこで食べたら美味しいのかな?と悩んだときには、ぜひ四天王も参考にしてみてくださいね。


■冷やしラーメン(山形県)

ラーメンとも違う、冷やし中華とも違う、独自の味を楽しませてくれるのが、山形県のご当地グルメ・冷やしラーメンです。一見すると、スープ入りの普通のラーメンなのですが、実はこのスープが、キンキンに冷えているのが特徴です。

冷やしラーメン誕生のきっかけになったのは、なんと冷たいおそば。「なぜ冷たいそばはあるのに、冷たい中華そばはないのか」という常連からの一言をきっかけに、「栄屋本店」の店主が1年がかりで考案したのが冷やしラーメンです。

山形県山形市周辺では、冷やしラーメンを食べさせてくれるお店も多くなっていますが、せっかくなら、発祥の地である「栄屋本店」へと出向いてみるのもオススメです。山形駅からタクシーで5分とアクセスも良いので、観光ついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

 


■牛タン料理(宮城県)

宮城県仙台市が誇るグルメといえば、ずばり牛タンです。牛タン焼きが有名ですが、仙台ではそのほかにも、さまざまなテイストで楽しめる牛タン料理が提供されています。

・タンシチュー
・タン煮込み
・ゆでタン
・牛タン丼

牛タンと言えば歯ごたえのある食感と、その薄さが特徴的!と思いがちですが、仙台の牛タン焼きや一味違います。驚くほど分厚くカットして提供されるケースも多いもの。「さぞかし歯ごたえがあるのでは……?」と思いがちですが、柔らかさやジューシーさを存分に楽しめるでしょう。

仙台の名物料理として、旅館やホテルなどでの食事で提供される機会も多いもの。ぜひ仙台ならではの牛タンの存在感を楽しんでみてください。


■ふくしまブルブル(福島県)

ふくしまブルブルは、福島市の人気洋食店「レストラン ブルドック」の看板メニューでした。焼いた豚肉にコショウやしょうゆで絶妙に味付けされていて、「食べると体がブルブルふるえるほどウマイ!」ということから、ブルブルと名づけられました。

近年、このブルブルを復活させ、福島のご当地グルメとして定着させようという動きが活発化しています。福島駅周辺の飲食店を中心に、独自のアレンジを施したふくしまブルブルを楽しめますよ。

地元の人にとっても、なつかしさと目新しさが同居する、比較的新しいご当地グルメだと言えます。全国的に人気が爆発する前に、ぜひご当地で満喫してみてはいかがでしょうか。


■まとめ

東北地方を巡るなら、ぜひ各県のご当地グルメも満喫してみてください。東北エリアの各県が、それぞれに個性豊かな風景を楽しませてくれるのと同様に、それぞれの個性で家族の味覚も楽しませてくれることでしょう。

「見て楽しい」だけではなく「食べておいしい」も組み合わせることで、旅行の満足度は一気に高まります。ぜひご当地グルメも、計画の中に盛り込んでみてください。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る