コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

プリップリでコスパも抜群!ホルモンの世界を楽しもう

ライフスタイル

2019.07.15

175-1

価格が安いにもかかわらず、ぷりぷりとした食感や、独自の味わいを楽しませてくれるのがホルモンです。「焼肉屋さんへ行くと、必ず注文する!」という方も多いのでしょうか。

普段は一言で「ホルモン」とまとめられてしまいがちですが、さまざまな種類が存在し、それぞれで味わいも異なっています。

そこで今回は、ホルモン焼きをもっと楽しむために、ホルモンの種類や選び方、そしてオススメの楽しみ方などについて紹介していきます。

 

■ホルモンの種類とは?

ホルモンにはまず、大きくわけて牛ホルモンと豚ホルモンの二つがあります。牛ホルモンは、脂がのっていて食べ応えがあるのが特徴です。一方豚ホルモンは、牛ホルモンと比較するとさっぱりとしていて、女性や子どもであっても食べやすいという特徴があります。

牛ホルモンには、以下のような種類があります。

・タン……牛の舌。比較的柔らかいため、子どもでも食べやすい。
・ハツモト……心臓に近い部分の大動脈。コリコリとした食感。
・ハツ……心臓。脂が少なく、やはりコリコリとした食感。
・サガリ……横隔膜から垂れ下がっている部分。肉のような食感。
・ハラミ……横隔膜の外側部分。肉のような味わいと食感。
・ミノ……第一胃。弾力があり、コリコリとした食感。
・センマイ……第三胃。ブツブツのある見た目とさっぱりとした味が特徴。
・マルチョウ……小腸。脂が多めで柔らかい。
・シマチョウ……大腸。脂が適度に乗っていて、歯ごたえがある。

もちろんこれら以外にも、牛ホルモンにはさまざまな種類が存在しています。一方で、豚ホルモンの主な種類は以下のとおりです。

・タン……豚の舌。牛タンと似ているが、安価で楽しめる。
・トントロ……首の肉。脂身が多く、とろけるような柔らかさの中に、コリコリとした食感。
・ハツ……心臓。さっぱりとした味わいで、食感はシャキシャキ。
・えんがわ……バラ肉とハラミの中間部分。食感や味は肉に近い。
・ガツ……胃。クセが少なく、やや硬めの食感。
・レバー……肝臓。栄養豊富である一方で、くさみも気になる。
・ヒモ……小腸。全体的にやや硬め。薄い。

ホルモンの取り扱いをそれほど重視していない焼肉店の場合、レバーか小腸くらいしか、選べないケースも少なくありません。一方でホルモン専門店へとお出掛けしてみると、さまざまな種類のホルモンを、実際に食べ比べることも可能となります。

それぞれのホルモンの特徴を踏まえた上で、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

■ホルモンの選び方を知ろう!

ホルモン初心者だけど、もっともっと楽しんでみたい!と思うときに、気になるのがその選び方についてです。せっかくですから、自分にとって「美味しい」と思えるホルモンを選びたいところですが……何をどう選べば良いのかわからない!と悩む方も多いことでしょう。

多種多様なホルモンの中から、好みの一品を見つけるためには、以下の3つの選び方を実践してみるのがオススメです。

・食感で選ぶ
・肉っぽさで選ぶ
・食べ応えで選ぶ

ホルモンにはそれぞれ、独自の食感があり、大きな魅力となっています。ホルモン選びで悩んだときにも、ぜひ注目してみてください。「ぷりぷり」が好みなのか、それとも「コリコリ」が好みなのかによって、選ぶべきホルモンは変わってくるでしょう。

ホルモンが気になるものの、内臓特有の臭みや特徴が苦手という場合には、ぜひ「肉っぽさ」に注目してみましょう。ホルモンの中には、肉と同じような味や食感を楽しめるものも少なくありません。サガリやハラミは、ホルモンであることを認識しないまま食べている方も多いもの。ホルモン初心者にとっても、ハードルが低いメニューとだと考えられます。

最後のポイントは、食べ応えですが、こちらは脂の量によって変わってきます。脂たっぷりのジューシーなホルモンが好きなのか、それともさっぱりとした淡泊な味わいの方が好きなのか、自分自身の好みに合わせて選択してみてください。

■ホルモン、オススメの楽しみ方は?

ホルモンを美味しく食べたい!と思ったときには、ぜひ焼き方にもこだわってみてください。

ホルモンは「しっかりと焼かなきゃ!」という意識も働きやすいもの。もちろんきちんと火を通すことは重要ですが、焼きすぎれば焦げて真っ黒になってしまうでしょう。ホルモン独自のうま味や甘みを感じられなくなってしまいます。

ホルモンに火を通すときには、全体のハリ感に注目してみてください。火に乗せたすぐのときには、柔らかくだらんとしていることも多いホルモンですが、火を通すことで、全体にプリッとハリが出てきます。また一気に直火で火を通すのではなく、火が上がったら網の隅へと避難させることもコツとなります。

焼き具合をしっかりと見極めながら、自分好みの焼き加減を探してみてください。

175-2

 

■まとめ

ホルモンの魅力は、精肉にはないうま味や味、そして食感だと言えます。普通のお肉も好きだけど、ホルモンも好き!という方も多いのではないでしょうか。

お肉よりもリーズナブルに楽しめるイメージも強いホルモンですが、実際にはホルモンの中にも、非常に貴重なものやめったに食べられないレアな部位も存在しています。こうした「新たな味」に巡り合える可能性がある点も、ホルモンならではの魅力だと言えるのかもしれませんね。

今日はなんだか焼肉の気分になってきた!という方は、ぜひホルモンにも注目してみてください。ホルモンに関する豆知識を披露しながら楽しむことで、食事の場も盛り上がりそうですよ。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る