2019.08.16

初心者には優しく… 銭湯が掲げた常連客への切なる願い

最近では銭湯を利用する機会が減りましたよね。銭湯独自のマナーは多々あるようですが、すべてを心得ている人は少ないはず。今年、京都のとある銭湯が掲げた「常連様へのお願い」という張り紙が話題になっています。

 

“新規の客をきつく叱らないで”とのお願いが…


同銭湯は「一部の常連客が入湯マナーなどを厳しく注意すること」を問題視。注目を浴びている張り紙には、“浴場内でのマナーを理解していない一見や新規の客もいる。しかし経験が少ないだけで、悪意はありません”“きつい言い方で叱るのではなく、やさしく注意するか番台に声をかけてほしい”といった内容が記されていました。

 

張り紙を見た人からは共感の声が続出。「以前銭湯に行ったとき、髪をまとめるマナーを知らなくて常連らしきおばさんに怒鳴られた」「浴場マナーに慣れていないとうっかりかけ湯を忘れることがある。私はまだ怒られた経験がないけど、銭湯ってマナーに厳しいイメージ…」「中にはマナーを覚えようとする人をいびるような、底意地が悪い常連客もいるよね」といった声が見られます。

 

また常連客にきつく叱られた際の対処法として、「すぐ番台に相談する」「管轄している浴場組合に問い合わせてみては?」といったアイデアも寄せられていました。言い返したい気持ちが湧いても、まずは落ちついてこらえましょう。

 

>>NEXT 意外とやりがちな「場所取り」はマナー違反!

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。