注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子連れOK!なおすすめフェス2019

ライフスタイル

2019.05.13

142-1

 

野外フェスといえば大人や若者のものというイメージをもっていませんか?

最近では子連れ OK のフェスも増えているそうです。子連れの親にとって朗報ではないでしょうか。

野外フェスのシーズンに向け、子連れで楽しむための準備や当日の過ごし方を解説します!

 

■野外フェスの準備と当日の過ごし方

準備したいのは野外で活動するためのアイテムです。自然がたっぷりの会場に行くのであれば日焼け止め、冷却ジェルシート、簡易救急セット、虫よけ、帽子などを用意するとよいですね。

子供と一緒に遊べるスペースがあるのならボール、お絵かきセット、フリスビー、シャボン玉、いつも使っているおもちゃなどを持参すると楽しめます。

服装はいつも履いている運動靴に動きやすい服をプラスするとよいでしょう。フェスでははぐれないように色鮮やかな T シャツを着てみたり、思いっきり楽しむために派手なコーディネートをしてみても場になじむことができます。

体温調節をするために長袖やパーカーなどの上着、スパッツを用意しておくと対応しやすいです。

山などでは急な気候の変化がありますから 雨対策が肝心です。雷雨に見舞われるとすぐにびしょ濡れになってしまいますから雨具は必ず持っていきましょう。

当日の過ごし方は子供の年齢によって変わります。6歳以上の子供ならアクティブに動き回れるでしょう。各ステージがありますので、タイムスケジュールを確認しながら複数回る体力も持ち合わせています。

ワークショップで工作にチャレンジしてみてもいいですね。

キャンプをするのであればテントの設置をお手伝いしてもらったり、夜間までいられる元気があるのなら花火などを楽しんでみるのも OK です。

ただし大人程の体力はないのでライブのスタンディングゾーンには行かない方が無難です。大きな音にびっくりしてしまう可能性がありますし、ファンが激しい動きをしたら子供が押しつぶされてしまう危険性もゼロではありません。

乳幼児を連れて行く場合は休憩場所を確保してから楽しむようにしましょう。テントやレジャーシートを持ち込み、休憩しながら音楽を楽しむようにします。ゆったりしたフェスもまたよいものですよ。

■子連れOKの野外フェス2選

子連れ OK の野外フェスがどういうものなのか見てみましょう。 「FUJI & SUN ’19」は、5月11日(土)・12日(日)に「富士山こどもの国」で開催されるキャンプフェスで、子供に嬉しいポイントを盛り込んでいます。順番に見ていきましょう。

例えば、富士山こどもの国は富士山の麓にあるキッズ用の施設が会場となっています。ですから「FUJI & SUN ’19」のチケットがあれば乳児園料金なしで遊べます。

子供と楽しめるのはアルパカとのふれあいや餌やり体験、カヌーに乗る体験、親子で撮る記念写真、乗馬体験、釣り体験、わんぱくの森でのアスレチック、ヤギとのお散歩などさまざまです。

キャンプフェスのメインであるキャンプを楽しめるような工夫もたくさんあります。キャンプのセットを持ち込むのは骨が折れますが、キャンプが初めてという人でも楽しめるように、手ぶらでキャンプができるセットを用いたプランやテント式住居のパオを利用できるプランなど が用意されています。

「FUJI & SUN ’19」はWOWOW が主催ということで、映画を楽しめる場所があります。会場には3つのスクリーンが設置されますが、そのうちのひとつはキッズ向けのシアターです。

劇場版チェブラーシカなど、子供が喜ぶ映画がチョイスされており昼はパオの中、夜は野外でナイトシネマを楽しめるといいます。大人にとっても嬉しいプランですね。

各種ワークショップやマルシェも充実しています。ワークショップでは天体観測やいかだ作りを親子で楽しめます。フードエリアやマルシェが設置されるので、ママにも嬉しいですね。 静岡のグルメや地元の名産品を思う存分楽しみましょう。

フジロックの愛称で知られる「FUJI ROCK FESTIVAL」も子供に嬉しい野外フェスです。新潟県湯沢町苗場スキー場を会場とするもので、開催日は2019年7月26日(金)~28日(日)となっています。

2018年は「KIDS LAND」というキッズエリアが展開されており、 巨大な木の滑り台やかわいらしいメリーゴーランドで子供向けのワークショップを体験できました。

「KIDSの森」は森を切り拓いて作った場所で、丸太とロープを使ってできた大型遊具で遊ぶ体験やたき火をする体験、子供も大人も一緒に歌って踊れるステージなどが用意されており、去年は飽きずに楽しめたという声が多く集まったそうです。

フジロックでは「こどもフジロック」という取り組みが行われており、子連れフェスの過ごし方など子連れ参加を希望している母子に役立つ情報を数多く配信しています。子連れフェス初心者の人はまずフジロックを候補に入れておくといいかもしれませんね。

142-2

 

■親子でフェスを楽しみましょう

子供をもっている人でもフェスを楽しみたいのは当然の気持ちです。しかし、フェスでの過ごし方によってはまわりの人から子連れの人は迷惑だと思われてしまうことがあります。

周囲の人への迷惑を考えてフェスには参加しなかったという人もいるかもしれませんが、逆にいえば子連れでフェスを楽しむための準備や子連れならではの過ごし方を、あらかじめ理解しておけば誰の迷惑にもならずに過ごせるのです。

もし子連れは迷惑だという人がいても、親子できちんと過ごせれば批判的な声は減っていきます。また、現在は子連れ禁止のフェスでも子連れ OK になるものが増えるかもしれません。

子供と外出するには気を遣ってしまいますが、 好きなフェスがあるなら物おじせずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【イベント】その他の記事

イベント
もっと見る